ファンの皆さん、有難うございました!

マキ&ナオです!

皆さん、お元気ですか?
梅雨の時期は、天候不順で落ちつきませんが、今日は晴れています!

6月15日(金)は、ホテル グリーンプラザ箱根 「コンサートとファンの集い」でしたが、無事盛会に終える事が出来ました。

ファンの皆さん、小雨の中、お越し下さいまして、ありがとうございました。

仙台の公演主催のIご夫妻は、調律師の友人ご夫妻とご一緒にお越し下さいました。
秋保温泉の時にもいらして下さった、Sご夫妻、クリスマスコンサートの時に感激して涙して下さった、Tご夫妻が、私たちの演奏を心から応援して下さっているという事が、伝わってきて嬉しかったです。
今回も心に染みる演奏でした、との事でよかったです。
東京文化会館よりもフラットで距離がなかったので、チェロの運指やピアノの手の交差がすべてみる事が出来て、やはり箱根に来てよかった、と声を掛けてくれました。
大きなホールの響きとは違うでしょうが、楽器演奏を身近に感じることが出来て、何と言ってもシャンデリアの下での演奏は雰囲気がよいですよね。

ファンの皆さまのお蔭で、とてもとても楽しいひと時でした!
翌日には、メールでお礼や感想を送って下さいましたが、皆さんがそれぞれにご満足な様子でした。

コンサートでは、ファンの方たちの応援、そしてホテルの宿泊客の方たちも交えてのコンサートとなりました。
とてもよい雰囲気の中で演奏する事が出来ました。

いつものように、終演後は、CD即売会とサイン会もしました。

サイン会の時に、小学2年生のお嬢さんを連れたお母様が、「前半を終えて部屋に戻ろうとしたんですけれど、娘がもっと聴きたいというので、最後まで聴いたのですが、余程感激したようで、CDも買って欲しいとねだられました。」とお話になっていました。
ピアノを習っているわけでもなく、音楽の環境にあるわけでもないんですが、ピアノの手が見える場所に移動して、熱心に聴き入ってくれたようです。こういう心温まるお話、嬉しいです。
レ・クロッシュは、音楽鑑賞人口を増やし、音楽好きの裾野を広げたいと思ってコンサート活動をしていますから、こういう方たちに出会える事はとても幸せです。

そして、帰宅してみたら、レ・クロッシュのホームページの問い合わせページに、お嬢さんのお母さんからの長い文面が届いていました。
松戸の方のようですが、帰りに、車の中でずっとCDを家族で聴いて楽しんで下さったと言うので、とても嬉しかったです。
写真も一緒に写したので、早速写真データをお送りしました。

ご夫妻でいらした方もCDを2枚ご購入下さって、レ・クロッシュがどれ程感動したかを話してくれました。

「お部屋までお金を取ってきますので、ちょっと待って下さいね。」とお声を掛けて下さいますが、皆さん走りながらお財布を持って戻ってきてくれる姿をみて、胸を熱くなります。

地方公演は、こういう出会いがあるので、嬉しいです。

そのあとに、ファンの集いをしましたが、今回は、支配人さんが、特別にホテルのラウンジを貸してくれましたので、広々していました。

テーブルの上に、フランスワインやビール、フランス菓子と日本のお菓子も並べ、とにかくぶっ通しでおしゃべりし、終演が8時半だったにも関わらず、11時過ぎまで話が尽きず、楽しい時間でした。
ファンからの質問も多かったので、お応えしましたが、翌朝、朝食の時に、「演奏は素晴らしかったですが、ご本人たちから色々お話が聞けて、本当に楽しかったです!」と喜んでくれました。

中々楽器の事や演奏の事など、こういう場でないと話す機会がないから、新鮮だったようです。

ホテルの特製ケーキを準備してもらいましたが、大変美味しく好評でした。
結婚式場もしているホテルだから、さすがにスポンジがフワフワでフルーツが豊富で、皆さん大喜びでした。

残念な事は、生憎のお天気だったので、富士山を観る事が出来ませんでした。
私たちは、何度もこのホテルに来ていますから想像しながら温泉に入る事が出来ますが、折角でしたので露天風呂からの富士山を観て欲しかったのです。
次回をお楽しみにしていて下さい。
でも、ファンの方たちは、箱根のアジサイを満喫して下さったようで、よかったです。

帰りには、強羅公園をぐるっと回ってから帰宅しました。

本当に充実した楽しい会が出来て、ファンの皆さまに心から感謝しています。

今週は、川崎市でのコンサート、来週は、仙台で2公演あり、2018年前半のコンサートは終了です!
あと2週間、マキ&ナオは、頑張りますので、よろしくお願い致します。

先週から、彩音のミュージカルのレッスンが北浦和スタジオで始まっています。
今日も午後5時から9時までの練習で、父が送迎をしてくれます。

それで、今から二人で、今週の公演では、日本の歌を斉唱する企画になっていますので、頑張って練習をします。

梅雨の時期ですが、皆さん、お元気で!


明日は箱根の公演です!

ナオです!

天気が悪くなってきましたが、皆さんお変わりありませんか?

いよいよ明日は、箱根でのコンサート&ファンの集いです。

わざわざ箱根までいらして下さるファンの方たちに感謝しています。

どんな時でもどんな場所でも、いつも最高の出来の演奏を皆さんに聞いてもらいたいと思いますので、よろしくお願い致します。

先週末に、ウィーンフィルチェロ首席奏者のロベルト・ナジ氏のコンサートと懇親会に招待されて行ってきました。

オーストリア人ではなく、ハンガリー人のチェリストです。 ナジ氏は、もう20年以上前から日本でコンサートをなさられているそうですが、ここ数年はいらっしゃらなくて、今回は、奥様のエヴァ・カルドスさんとのデュオでコンサートした。

お二人ともとても温和な方で、普段聴き慣れないドヴォルザークのソナチネやマルチェロのソナタなども聴かせてくれました。

やはりドイツ的な奏法で、とても懐かしかったです。
僕は、フランスアルザス地方に住んでいた頃、ドイツの国境に近かったので、ドイツのチェリストにレッスンを受けていた時期がありました。
厳格な演奏で、パリに行くと何だか同じチェロでも音色の香りが違って聴こえました。
ちょっとその頃の事を思い出しながら聴いていました。

たとえば、サン=サーンスの「白鳥」をアンコールで弾かれましたが、フランス人とは違う「白鳥」を聴かせて下さいました。

何でもお国柄があり、こう弾くべきだ、こうあるべきだ、というイメージがフランスとドイツでは隣国だというのに、全然違うのですから不思議です、
原語の発音が関係しているような気がします。
どちらも優れている演奏は立派ですが、好みがあると思います。

そして、ウィーンで楽器を勉強している子どもたちは、ウィーンフィルに入団することを最高の目標にしているから、ソリストになる演奏者がいない、とテレビで放映されていましたが、音が穏やかで温かみがあり魅力的ですが、「ここぞ」というところで、ソリストとしての演奏ではないので、パンチがどうしても足りない、と解説していました。確かにそのような気がします。
チェロ本体で歌うのではなく、チェロで美しく奏でる、という表現の方が正しいかも知れません。

コンサートのあとに、懇親会にもご招待を受けましたので、軽食を頂きながら、コンサートの主催者さんがナジさんに僕の事を紹介下さったので、少し立ち話をさせてもらいました。
とても明るく、優しくて感じがよかったので、楽しかったです。

今まで姉と練習をしていました。
明日は、折角レ・クロッシュ ファンクラブの人たちもいらして下さるので、気持ちよく弾かせてもらいたいです。

ファンの集いは、コンサート後にしますが、初めての顔合わせの人たちが多いですが、結構レ・クロッシュのマキ&ナオで繋がっているせいか、和気あいあいと毎年楽しむ事が出来てしまいます。

では、東京の皆さまも楽しい週末をお過ごし下さい。

また戻りましたら、ファンの集いの報告をさせてもらいます。


もう6月に入りました!

ナオです!

今日から6月ですが、皆さんお元気ですか?
僕は、とても元気です。

今日は、弦楽器工房に行き、梅雨に入りますと、チェロの駒も歪んできますので、酷くならないために、駒を定位置に戻してもらいました。
東京公演の前に、弓の毛替えをしてもらいましたが、とても弾きやすかったので、その報告もしてきました。
レ・クロッシュのコンサートの協賛としても、チェロの事について何でも相談に乗って下さる、素晴らしいアトリエなので、安心してお願い出来ます。

ところで、5月26日(土)の新百合ファミリーコンサートにお越し下さいまして、有難うございました。

タイトルは、「映画音楽の楽しみ 〜演奏と画像で楽しむ映画音楽の世界〜」でした。
新百合ヶ丘駅に近い、麻生市民館(大ホール)での公演でした。

僕が主役ではなく、語りとピアノを徳永洋明さんがなさって、僕は、前半と後半に2曲ずつ演奏をさせてもらいました。
徳永さんの語りは、とても上手でしたので、お客様も楽しめたと思います。

僕は、インタヴューを受けましたが、徳永さんは何でもアドリブでしてしまう人なので、全くリハーサルもなく、どうなる事か心配しましたが、僕の幼児期からのフランスの生活の事だったので、何とか答えられましたが、それでも徳永さんのように言葉が次から次へと出ればもっとお客様も楽しいのでしょうが、その辺が今後の課題ですね…

ソプラノの大音さんの歌も素晴らしかったですし、サキソフォンの小林さんの音楽もとても楽しかったし、貴重な体験をさせてもらいました。

トークで色々勉強させてもらいました。
トークコンサートもこれだけ充実すると楽しいですよね。

徳永さんは、姉のピアノとは違って、やはり男性的なピアノのタッチでしたが、それはそれで、ラフマニノフのヴォカリーズなど強弱のメリハリがしっかりあって、楽しく弾かせてもらいました。

主催者も映像担当の方もそしてお客様たちも僕のチェロの音色を大変満足して下さいましたので、出演した甲斐があったと思います。
映画音楽の好きな方たちにとっては、有名な曲ばかりを披露しましたので、さぞ楽しかったと思います。

僕自身、ディズニー映画は好きですが、その中でも特に、「美女と野獣」「ララルー」は、大好きな曲ですので、いい気分で弾かせてもらいました。

ところで、6月15日(金)は、ホテル グリーンプラザ箱根にて、コンサート&ファンの集いを開催しますが、今から楽しみです。
折角レ・クロッシュ ファンの方たちもお越し下さるのですから、楽しい時間を作りたいと思います。

そのために、またよりよい演奏が出来るように、勉強をしていきたいと思います。

では、6月が素晴らしい月になりますように!

梅雨の時期ですから、くれぐれもお体を大切にして下さい。


マキ&ナオです!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

マキ&ナオです!

お天気に恵まれ、無事5月21日(月)のレ・クロッシュ リサイタル は無事終える事が出来ました。
本当にファンの皆さまのお蔭だと感謝しています。

これからも益々研鑽を積んで、多くの方たちに喜んでもらえるような演奏を心がけたいと思います。

湿度が高いと弦楽器は、途端に響きが悪くなりますが、何とか40度をキープしていたので、ホールの後ろまで音は響いていたと聞いて嬉しかったです。

アンケートのご協力にも感謝します。
たくさん良い事ばかり書いて下さったので、驚きましたが、とても嬉しいです。

来年は、5月27日(月)に決まりました。
最近は、東京文化会館主催の子どもミュージカルがあったり、色々な企画があるそうで、中々週末のコンサートは難しいですが、文化会館でしてもらいました調律師さんの話では、このホールでコンサートを一生に一度でいいからやってみたい、と考えているアーティストがとても多いそうです。
しかし、審査はかなり厳しいそうですので、場所を取れた事に感謝して、頑張るつもりです。
来年もまたどうぞよろしくお願い致します。

ナオは、翌日からすぐ、5月26日(土)の「映画音楽の楽しみ」の練習が始まっています。
新百合ファミリーコンサートの一環のコンサートですが、映画音楽のお好きな方は、是非お越し下さい。
映像も入り楽しい企画になっているそうです。
徳永洋明さんが語りとピアノで進行して下さるようで、出演者は、ソプラノ歌手の大音絵莉、サクスフォンの小林あいり、そして、チェロの宇宿直彰の3人が出演致します。

ご興味のある方は、下記のコンサートチケットショップよりご購入できますのでご利用下さい。 (パソコン)

Europa Artist Concert Tickets Shop

では、今日は、ブログでお礼のメッセージをと思い、二人で書きました。

まだしばらくレ・クロッシュの公演は続きますので、頑張ります。

ファンクラブのロビーコンサート&ファンの集いの親睦会は、6月15日〜16日を予定しています。
場所は、ホテル グリーンプラザ箱根 です。
〆切は、6月9日ですので、ご興味のある方は、お早めにお申し込み下さい。

皆さんとワインを飲んだり、特製ケーキもホテルにご準備してもらうそうですから、お楽しみに!

どうぞ、これから暑くなりますので、くれぐれもお体を大切にして下さい。

今後とも、レ・クロッシュをよろしくお願いします!


東京公演まであと5日!

ナオです!

急に気温が高くなりましたが、皆さん、お元気でいらっしゃいますか?

5月13日に、新宿コズミックでの「レ・クロッシュ リサイタル」を無事終える事が出来ました。
皆さんから温かい拍手をたくさんもらう事が出来、張り切っています。
新宿コズミックのコンサート担当者から、アンケート用紙の内容を添付ファイルで送って下さったのですが、とても嬉しい事、励みになる事ばかり書いて下さり、幸せな気持ちです。
昨年もレ・クロッシュの演奏を聴いて感激したので、また今年も是非行きたいと思って出てきましたが、本当に今年も素晴らしい演奏を聴けてよかったです、との感想を読むと、一回一回を真剣に音楽と向き合い、よい響きをお届けできるように、絶えず努力することしかないと思いました。

もともと僕には、大きな欲などはなく、聴いて下さる方が、「今日は、本当に素敵な日だった!」と思って下さる方たちがたくさんいてくれたらそれで満足です。
お客様がレ・クロッシュの音楽に感動し、共にその時間を共有できたら、僕たちの使命を果たしたかな、と嬉しい気持ちになれます。

いよいよ東京文化会館での東京公演まで、あと5日となりました。

一昨日弓の毛替えをしてもらいましたので、しっかり松脂を付けました。
松脂の事をフランス語では、「コロファン」と言いますので、日本にいてもどうしてもコロファンと言ってしまいます。
「まつやに」ってちょっと言いにくいような気がするのですが…(笑)

そして、今日は、練習の前に整体に行き、体をほぐしてもらいました。
姉も行くとのことでしたので、二人で少し軽くなったような気がします。
午後からは練習に励むつもりです。

今日は、ゆっくり練習を中心に、一音一音の輝きを大切にして練習します。
ラストスパートを体調を崩さぬよう頑張りたいと思います。

急に暖かくなってきたので、メダカの泳ぎが活発になってきました。
冬は冬眠みたいな形でベランダでじっとしていて、伯母が寒い時期は餌を上げなくて大丈夫、というので、餌もあげませんでしたが、パリから戻って、今冬は寒すぎたにも関わらず、発泡スチロールで気温差が出ないように工夫したお蔭で、元気なメダカが多かったです。

水替えや水槽の掃除など、色々生き物を飼うと仕事もありますが、めだかをじっと眺めていると何か心が通じ合っているようで、楽しいです。
多分我が家のメダカは、毎日チェロやピアノの音を聴きながら育っていますので、音感がよいのではないかと思っています。(笑)
ただ、黙ってメダカの群れでスイスイ泳いでいるよりは、もしかすると頭脳も発達しているかもしれませんね。

では、5月21日(月)にお目に掛かれますのを楽しみにしています。
いつもいつも応援して下さる方に、心から感謝しています。

昨年、CD「ロマンス」をリリースしましたが、多くの方たちから「素晴らしい!」との感想を頂いています。
今年もCD即売会とレ・クロッシュの直筆サイン会を開催しますので、まだお聴きになっていらっしゃらない方は、是非お聴き下さると嬉しいです!

では、急に気温が高くなりましたので、お体を大切にして下さい。


素敵なGWを!!

  

 

ハロー!マキです!

 

皆さん、お元気でいらっしゃいますか?
4月の「レ・クロッシュ リサイタル」は、無事終わりました。
毎回、とてもお天気に恵まれていましたが、5月の公演でもお天気でありますように...☆

 

ゴールデンウィーク中も、ナオと合わせたり、ピアノソロを練習したりしていますが、家族を持つと、自分の勉強ばかりもしていられず…。

一昨日は、ミュージカル「アニー」を観劇してきました。
娘が「雪のプリンセス」で共演させて頂きました、高学年のSちゃんが出演されていましたので、ミュージカルの内容だけでなく、「Sちゃん、上手〜!」と、感激して観ていました。

 

愛知県にお住まいのSちゃん親子と、終演後に一緒にお食事会をしましたが、久し振りだったので、話が弾み、あっという間に時間が経ってしまいました。

地方に住んでいる子たちは、舞台出演が決まると、お稽古の期間中からずっとお母様と東京のホテルに滞在しなければならず、本当に大変な事だと思います。

 

子どもが成長するにつれ、私も色々自分だけのことを考えて行動が取れなくなりましたので、今後の事を考えると心配になります。

 

彩音は、「雪のプリンセス」に引き続き、「ニッキー」という夏のミュージカルにも出演が決まりました。

http://www.musical-za.co.jp/stage/%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc2017-2/

(↑水色の服を着た、「木内彩音」が娘です)


オーディションに合格するのは、本当に狭き門ですから、とても嬉しい事なのですが、パリの家でゆっくり勉強したり、ナオとデュオを合わせる事ができなくなります。

ナオと一緒にデュオを組み、演奏し始めたのは、地元のコルマールのコンセルヴァトワール時代の時ですから、もう20年以上、2人で一緒に勉強をしています。
ですから、離れていても、お互い別々に勉強をしていても、すぐに合わせる事は出来ると思いますが、二人であれこれ相談しながら、自分たちのペースで曲作りをすることが楽しいので、ただ合えば良いという事でもなさそうです...。

 

女性は、結婚して家庭を持ちながらも、ずっと仕事を続ける事は大変ですが、特にピアニストの仕事は、とても大変だと思います。でも、出来る限り頑張るつもりです!

 

夏休みのパリ生活は、彩音にとっても素晴らしい経験です。

フランスの同年代のお友達たちと遊んだり、散策に出かけたり、マミーと一緒にお買い物や公園に行ったり、ピアノや声楽、お勉強、写生や工作など、毎日充実した日々を過ごしていますので、今夏は、ミュージカルの舞台稽古と本番があるために、フランスには行く事ができなくなり、残念です。ミュージカルのお稽古も、もちろん楽しい毎日になると思いますが、夏休み中ミュージカル一色の生活になるのは初めてですので、楽しいながらも、ちょっと可哀そうな気がします。
しかし、合格出来なかった仲間の分まで、精いっぱい頑張って欲しいと思います。

 

彩音のオーディションも、年齢枠にはまるものならどれでもチャレンジできる訳ではなく、レ・クロッシュのコンサートに支障のない本番時期のものを選んでいかなければなりませんので、今後もそういう点では難しいと思います。

 

昨日は、Iデパート内の特設会場で、シルバニアファミリーのフェアがあるというので、家族で出掛けました。
彩音が大好きなシルバニアのショコラウサギちゃんと一緒に写真を撮ったり、アクセサリー作りを体験したりと、色々楽しい物がいっぱいでしたので、彩音もとても満足していました。

そして、夕方からは、私の練習と、彩音のピアノや歌のレッスンのために、実家に寄って、頑張って勉強してきました。

 

夫は9連休となりますが、学校はカレンダー通りですので、彩音は、5月1日と2日は学校の授業があります。
2日は、授業参観日ですので、私も、学校の様子を観て来ようと思います。

2年生になり、字が綺麗になって、日記の書き方も上手になり、1年生の時よりも大分落ち着いてきたと思います。漢字の数がどんどん増えても楽しそうに書いていますし、数の計算もどんどん桁が多くなってきていますが、どの教科も大好きだという事なので、今のところは、毎日楽しく学校に通ってくれているので嬉しいです。

 

それでは、皆さんもどうぞ楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さい☆


八王子(4/21)・横浜公演(4/22)が終わりました!

ナオです!

今日は、夏日のように暑かったですが、お元気ですか?
日中は30度近くあったようです。

横浜のベーリックホールまで行く道々に、ツツジが見事に花開いて綺麗でした。
ハナミズキの花もあちらこちらで観る事ができました。
確か、日本がワシントンDCに桜を送ったお返しに、ハナミズキが送られてきたんでしたよね。
赤っぽい花もきれいですが、白色も落ち着いていて美しいと思います。

今日は、横浜の元町にある、西洋館 ベーリックホールでのリビングコンサートでした。
朝9時過ぎに出発したにも関わらず、車の中が暑くなりましたので、クーラーを入れました。
ベーリックホールでも、館長さんが、「今日はとても暑いですね。クーラーを今入れますので…」と本当に夏のようでした。

昨日は、八王子のいちょうホールでのコンサートでしたが、昨日よりもはるかに気温が高かったと思います。

お天気に恵まれたせいか、お客様がたくさんお越し下さり、とても嬉しかったです。

全体的には、いい感じで演奏出来たと思いますが、もっと研鑽と積んで、より良い音楽にしたいと思います。
本番を重ねると、自分の演奏の反省点などが色々みえてきます。
これは、本当に貴重な体験です。
練習では発見できなかったことが、本番で演奏することであれこれ見つかるから本当に不思議です。

いちょうホールでも横浜ベーリックホールにも、レ・クロッシュ リサイタルに何度も足を運んで下さるお客様がいてくれて、終演後に声を掛けてくれるので、とても嬉しかったです。

今年のプログラムもとても気に入ってくれたそうです。

今日のお客さんで昨年も聴いて下さった60代位の男性は、僕の事を昨年よりも堂々と落ち着いた雰囲気になって、将来は、カザルスみたいなチェリストになりそうですね〜と、おっしゃっていましたが、それはないと思います…
もしそうなれたら最高ですが!(笑)

明日からまた練習に励むつもりです。

先週、チェロの弦を新しいのに替えましたから、音程がまだ定まりにくいかな、と心配しましたが、大丈夫だったようです。
ゴールデンウィーク明けには、弦楽器工房に行き、弓の毛を替えてもらおうと思います。
毛を替えてすぐは音が出にくいですので、コンサート直前にならないように気を配ります。

では、明日はまた気温が戻るそうですので、体調を崩さないようにして下さい。

また、ブログ書きますね!


時差で早起きしています!

ナオです!

今皆さんと同じ日本の空気を吸っています。
僕は花粉症ではありませんが、「今年は去年よりも酷いし、一回罹ると翌年からもずっと花粉症になってしまいますから気を付けた方がいいですよ。」と言われると、何だかゆっくりいつものように散策も出来ず心配になります。

スギ花粉は、4月上旬までと以前聞いていましたが、今はスギが終わり、ヒノキ花粉が中心のようですね。

フランスにも花粉症はないわけではないですが、大々的にニュースになったりする事が無い所を見ると、日本ほどではないと思います。

しばらくは、おとなしく家にいて、チェロのゆっくり練習でもしておいた方がよいのかな?

いよいよ、4月21日から春公演が開始されます。
今週は、平日は毎日合わせる予定にしています。
「メンデルスゾーンのチェロとピアノのためのソナタ 第2番」は、チェリストもピアニストも悲鳴をあげる曲として有名なようですので、素敵な曲ですが、とにかく時間を掛けて、丁寧な練習をして行くほかはないと思っています。
歌曲も色々な解釈があり、速度なども個人差がありますし、あれこれしてみて吟味して、一番よい速度を二人で見つけたいと思います。

時差がある時は、結構早起きが続きますが、今年も同じで、朝食は午前7時頃には終わってしまう日も多いです。
その分、午後から姉との合わせが開始ですから、午前中に、自分のやりたい練習をじっくりすることが出来、時間を上手に使っている感じがします。

帰国前に、日本画家のY君がパリの我が家で2泊して、一緒に帰国しましたが、色々な話をして楽しみました。
パリの来る前に、ドイツのバーデンバーデンの祝祭劇場で、コンサート三昧だったそうですが、やはりオペラの話になり、舞台装置や衣装がお粗末だ、という話になりました。
僕も子供時代に、オーストリアのザルツブルグやパリでも衣装や舞台装置が凝っていて、観ても聴いても楽しいオペラだったのに、段々経費を掛けない安っぽいオペラに変化していってしまい、何だかとても悲しいです。
この状況がずっと続けば、オペラ離れも必ず起きてしまうと思います。
Y君とは、映画の話も結構盛り上がってしまって、二人で意気投合してしまいました。
映画の話は、やっぱりその映画を観ている人ではないと話は通じず、一方通行じゃ面白くないしね…
空港まで荷物がいっぱいなので、2台のタクシーを頼んで、Y君と僕は一緒に乗って、映画の話の他、パソコンの話なども楽しくしていました。

さて、今日も午後からは姉が来ますので、午前中に、バッハの無伴奏チェロ組曲とソナタの部分練習、そしてトスティとベッリーニをやっておきます。

では、これからしばらく日本にいます!

またよろしくお願いします!


明日パリを発ちます

ハロー!マキです!

皆さん、お元気でいらっしゃいますか?

日本は、随分気温が高くなったそうですね。
私たちも4月3日にパリを発ちます。

この週末は、パリでのスプリングコンサートでした。
皆さんに、レ・クロッシュの演奏を聴いて頂き、 とても嬉しかったです。
これからもっと時間を掛けて磨いて行こうと思っています。

コンサートの打ち上げは、とても賑やかでした☆
打ち上げパーティーは、自宅で母の手料理でのおもてなしでしたが、母は、フランス人たちが好むメニューを知っていますので、 品数は多く出しても、どれも「美味しい!」 と言って食べてくれました。さすが、フランス人です!

これから、帰国の荷物準備をしなければなりません。
お土産は、大分買いこんだので、 それを上手くトランクに入れなければなりません。

短期間ではありましたが、 とても充実した毎日を過ごす事が出来ました。
彩音もとても満足していましたので、よかったです。
日本では、学校と習い事に追われ、 中々ピアノを練習する時間がありませんが、パリの家では、 母にピアノも歌もお勉強もしっかりみてもらえるので、彩音も驚くほど上達して帰る事でき、私も嬉しいです。

両親と弟は、4月6日に日本に着きますので、これからは、 日本で合わせの練習を進めていきたいと思います。

それでは、今度は日本からのブログとなります。
どうぞ、皆さんお元気で!


明日は姉がパリへ到着!

 

今週は、パリも大分春らしくなりましたが、昨日から、急に雪がチラチラ降ってきました。
折角桜が大分開花してきたというのに、花びらに雪が乗って、ちょっと寂しげに咲いています。

昨日、姪の終業式が終わったようで、ようやく、明日、姉たちはパリに来ます。

最近バッハの原典版の楽譜がペータース版から出版されたというので、自分が最も良いと思う運指法やフレーズなどを書く為久しぶりに"無伴奏チェロ組曲"の楽譜を購入しました。(楽譜の左上の赤線に"Urtext"と書いているのが、原典版です。スラーだけで、指番号は1つも書いていません。指番号が書いているバージョンと2つあるので、こちらを購入してみたい方は、お間違えにならないように。)
デュオの合わせの練習は、これからです。

デュオの練習は、以前のように、二人でゆっくり顔を合わせている時間がなくなりましたので、より効果的な練習方法でやらなければならないのが、ちょっと大変になった所かもしれません。

 

今年の春の公演では、新しい歌曲"ベッリーニ「マリンコニーア」"と"トスティ「今ひとたび!」"という曲を演奏します。
今日までは、母のピアノに合わせて練習をしていましたが、とても綺麗な流れの曲ですので、姉とよい音楽つくりをしたいと思っています。

歌曲をチェロで演奏するには、歌詞をもとにフレーズが美しく流れるような運指と弓の運びを自分で作りあげないといけませんので、かなりの時間と工夫が必要です。
ただ、一度完成し、練習して、慣れてしまえさえすれば、弾きにくい事には変わりありませんが、問題なく弾く事が出来ます。

 

パリに着いた時は、大雨続きで、セーヌ川の増水が深刻な時に比べ、かなり水位は落ち着いてきた感じですが、まだ高めで、大分枝の残骸で汚れているので、早く元のセーヌに戻って欲しいです。

 

数日前に、パリのステーキ専門店に久しぶりに行きましたが、ビーフが柔らかく、何よりも一人分が大きくて食べ応えがあります。
やっぱり食べる量が違う感じです…

ハンバーガーの大きさも国によって違いますが、日本のハンバーガーよりもフランスのハンバーガーはかなり大きいですし、一人分のフリッツの量も多いです。
アメリカのハンバーガーは、フランスのよりももっとずっと大きいですから、肉食の国は食べ方が違うんですね〜

パリにあります、ラーメン屋さんの前と通ると、以前は日本の旅行者やフランス在住の日本人ばかりでしたが、この間その前を通ったら、ランチの時間でしたが、フランス人がとても多いので驚きました。
寿司ブームで、ヘルシーな食事として、お寿司を好むフランス人はかなり多くなっていますが、ラーメン好きのフランス人も随分増えたという事だと思います。

 

日本では日本の美味しい物を、フランスではフランスの美味しい物を食べることが出来るのは有難いですし、食文化の豊かな国を行き来出来る事は、本当に贅沢だと感謝しています。

折角春を迎えられたと思ったら、少し寒さが戻ってガッカリしていますが、これからの毎日を張り切って頑張りたいと思います。

 

今、庭の写真を撮りましたが、桜の花に雪が積もって重そうです。( ;∀;) サムイヨ~
見て下さい。

 

皆さんもお元気で!


| 1/71PAGES | >>

現在パリは、

(UTC/協定世界時 +1)

Europa Artist Staff Blog

Europa Artist Concert Tickets Shop

北里楽器 - 未来のあるある子供たちに音楽のある生活を!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


mobile

qrcode

links

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

profile

selected entries

recent comment

archives


ページトップへ戻る