今日は、3月11日です。

ナオです!

パリも大分春らしい気候になり、庭の桜の花が大分開いてきました。
8年前の3月11日よりも、今年の桜の開花は早いです。

東日本大震災から8年経ち、今もなお仮設住宅で暮らしていらっしゃる方も多く、復興住宅に入居しても、孤独死が年々増えているという報道に、胸が痛みます。
今日のニュースで、福島県いわき市の会社員が妻と3人の子供に祈りをささげている姿の映像を目にして、居たたまれない気持ちになりました。
僕と同年の方で、20代に大震災を経験し、妻と3歳と2歳の双子のお子さんたち、そして妻の母親の4人がいまだに行方不明という事でした。

2011年には、いわき市のアリオスホールでの公演を5月に予定していましたが、ホールが震災後しらばくは、いわき市役所の職場になっていましたので、公演はキャンセルとなり、翌年にチャリティコンサートを開催しました。
この時のコンサートは今でも忘れることが出来ないコンサートです。
被災者からの熱いメッセージと感謝の気持ちに胸が張り裂けそうになりました。
そして、コンサート後には、いわき市の海周辺の変わり果てた様子に、自然の恐ろしさを再確認しました。
レ・クロッシュの収益金を、アクアマリン福島に募金することぐらいしかお手伝いが出来ませんでしたが、今日の記事を読んで、僕と同年の夫が妻子と親の4人の犠牲者を出して、8年間をどのように生きてきたのだろう、と考えると、あまりに悲惨過ぎて想像する事すら出来ません。

毎年、この時期になりますと、被災地の方たちの事が思い出し、二度とこのような自然災害が起きませんように、そして、被災された方たちが一日も早く元の落ち着いた生活に戻れますように、と祈る事しか出来ません。

ところで、今日は、パリのチェリスト マリーポールに、僕の演奏を聴いてもらいました。
とても満足して下さいましたが、アドヴァイスも頂きましたので、今後は、春の本番に向けて、もっと深い勉強を続けて行きたいと思います。

今年は、姉の渡仏が難しいですので、4月上旬に帰国してから、すぐデュオの練習に入ります。
そのためにも、丁寧な勉強を徹底したいと思います。

僕のチェロはフランス生まれですが、日仏を往復していますと、木は生き物で湿度差に敏感に反応します。
ですから、いつもよい環境の中で、大切に管理してあげなければなりません。
工房の担当者には、チェロの管理はとても良いけれど、湿度の差があるところを往復していると駒や指板に影響が出るから気を付けるようにしてね、とアドヴァイスをもらいました。
日本の家では除湿器などを使いながら神経を使っていますが、それでもコンサート会場に向かう時に雨が降っていると最悪です。
これは、湿度が違う国を行き来していればとても難しい課題ではありますが、チェロ君のために絶えず気を遣ってあげようと思います。

では、あと1ヶ月足らずで日本に帰国致します。
また、ファンの方たちにはいろいろお世話になりますが、どうぞよろしくお願い致します。

季節の変わり目ですから、くれぐれもお体を大切にして下さい。


明日はひな祭りです!

 

ハロー!マキです。

皆さま、中々ブログを書くことが出来なくてすみません💦
元気でいますが、毎日気持ちに余裕がなく、あっという間に2月も終わってしまいました。

明日は、ひな祭りですね。

ひな祭り当日は、予定があるために、今日夫の両親と一緒に彩音のお祝いをしました。

ひな祭りは、素敵な行事ですね✨
女の子の健やかな成長を祈る節句という事ですが、今後も元気に成長して欲しいと思います。

娘の事だけではなく、世界の子供たちが幸せでありますように、と祈りたい気持ちです。
虐待と言う言葉を聞くだけで、子供の事を思い、気が遠くなりそうな気持になりますが、最近は色々な事件が多いので、とても悲しい気持ちになります。
甘えさせるという事ではなく、親の愛情は、子供が成長するために、とても大切で必要な事だと思います。
幸い、彩音の周辺のお友達は、大切に育てられた子供たちですので、とても素直で優しい子たちに囲まれていて、幸せです。

ところで、彩音の小学校では、小学1年生の時から、クラスでヤギを飼っていますが、2年間牧場から借りて育てています。
夏休みでも動物当番がありますが、彩音は特に生き物が好きな子ですので、ヤギの「ひかりちゃん」を大切にお世話しています。
そのヒカリちゃんは、今妊娠中で、そろそろお産とのことです。恐らく来週までには赤ちゃんが産まれると思います。
子供たちは、小屋に藁を敷き詰めたり、ヤギの赤ちゃんを迎えるために、準備万端です。
健康で元気な赤ちゃんが産まれてきますように、と祈るばかりです。
最近は、毎朝6時に起きて、ひかりちゃんの当番でなくても、朝早くに出かけて、様子を見に行っています。

今月の11日に、ヒカリちゃんは牧場に帰ってしまうという事ですので、彩音はその別れをとても悲しがっています。
赤ちゃんの時に小学校にお迎えしてから、ずっと2年間、休み時間にはお散歩をしたり、小屋の掃除をしたり、大変ではありましたが、彩音は、兄弟姉妹がいない分、本当に特別な思いでお世話して来ました。
良い教育をして下さるといつも感謝しています。
学級新聞で、ヒカリちゃんの写真が載っていると、そこには必ず彩音も写っているようですが、本当に自分の家族のようにかわいがっているのでしょう。

さて話は違いますが、今年も彩音は、ミュージカルのオーディションに合格し、3月公演の「ルピカの魔女試験」という舞台で、「陽菜乃」役として出演します。
今回の公演は、春休みが始まるまでは、週末のレッスンが中心ですので、送迎は夫に頼んで、私は自分のピアノの特訓時間にしています。

それでも、やはり主婦ですので、家の中を掃除したい、と思う事もありますし、一日が30時間あったらいいのに、と思ったりしています。

レ・クロッシュの公演期間は、彩音の本番は無理となりますので、その辺の本番時期を考えてのオーディション選択もとても難しいです。

今回の彩音の本番は、3月27日(水)と28日(木)に、三鷹市芸術文化センター 星のホールにて開催されます。
チケットは、既に両日ともに完売だそうです。

●ストーリー:
見習い魔女のルピカは、魔女試験で失敗をしてライバルのポロナとけんかになり、教官のマック先生を怒らせてしまいます。ルピカとポロナは、人間界に行って魔法のステッキを作るという課題を与えられました。
人間界の学校では、魔女のオビが顧問のクッキングクラブに入ります。クッキングクラブでは、友香とりこのチームに分かれてケーキ作り対決をしますが、ルピカはまた失敗。それでも前向きに頑張っていく中で友達もできて、楽しい日々を過ごします。 そんなある日、封印されたはずの黒魔女ギャギャンが、人間たちの負のエネルギーを吸収してよみがえります。ポロナや使い魔たちと力を合わせて戦うルピカ。ギャギャンを倒す事はできるのでしょうか・・・

 元気で楽しく夢にあふれた新作ミュージカルです。

彩音は、陽菜乃という人間界の女の子で、主人公ルピカのボーイフレンドの妹役です。

今回の「ルピカの魔女試験」では、タップダンスのオーディションでも合格しましたので、2部では、踊らせてもらえるシーンもあり、今までで一番出番が多い、と張り切っていますので、体調管理をしっかりして、頑張ってもらいたいと思います。

私は今、ナオとは離れ離れで練習をしていますので、東京とパリで、ナオとは、よくスカイプを使ってやり取りしながら、曲作りをしています。
ナオとは25年も一緒に演奏している仲なので、一言で分かってしまいますが、とにかく練習を頑張らなければならないので、何とか時間をうまく使って、出来る限り頑張りたいと思います。

今年は、4月のコンサートが多く、10日間のうちに5公演もあるという事で、かなり大変そうですが、何とかファンの皆様にお応えできるように頑張りたいと思います。

それでは、皆さん、3月も楽しい時間がいっぱいありますように!


パリでの生活

ナオです!

皆さん、お元気ですか?

今週は、本当に春の陽気が続き、とても嬉しいです。
2月とは思えないです。
立春は過ぎても、例年は、まだまだ冬が続くのですが…

パリに戻ってからの1週間は、二度も雪が降り、不安でしたが、急に暖かくなりました。
庭の木々は芽吹きが一気に進んでいます。
このまま春になるとは思えませんが、2月の太陽は有難いです。

日本も暖かくなったそうで、よかったですね。

このところ、とても充実した日々を送っています。
自分の練習時間確保はしっかりできていますが、教授たちから頼まれて、アンサンブルの練習に加わったり、学生のレッスンをさせてもらったりしているうちに、あっという間に日が経ってしまいました。
若い人たちにパワーを分けてもらっています。

何でも経験することは勉強になります。

今週は、バッハの無伴奏チェロ組曲にとても熱を入れて練習しています。
弾けば弾くほど、色々な事が見えてきますし、発見も多くあります。

自宅周辺は、パリ市内と違い、とても緑に囲まれたところなので、息抜きする場所がいっぱいあり、散歩することは、曲を弾きすぎて頭を休めるときには、とてもよいです。
このところ暖かいから特にだと思いますが、歩いていると、結構犬の散歩をしている人が多いんです。
大型犬から子犬まで散歩させているので、その犬の様子をみているだけでも結構楽しいです。
数日前、40代位の男性が、コリーを3匹も連れて散歩していたのですが、それぞれの犬が勝手な方向に行こうとするから足並みを揃えるのに、かなり大変そうでした。
おじさんが引っ張られている感じで、よくこんなに大きな犬を3匹も飼っているな、と思ってしまいました。

ところで、僕は、曲作りをしているときは、ほとんど他の人の演奏を聴くことはありません。
自分の世界だけで音楽を作っていくのが好きです。
一音一音拘りをもって練習することは好きですが、他のアーティストの演奏を参考にするということは、学生の頃まではしていたとは思いますが、今は却って自分の演奏がぶれてきてしまうこともあるので、全くしません。
それに、自分が弾いているだけで、結構脳を使うから、あとは散歩とかDVD でも気晴らしに観る方がよいみたいです。

自分の音を追いかけて練習する事を本気ですると結構疲れるものですから、そのあとには、CDを聴きながら楽しもうという気持ちにならないんだと思います。

あと1ヶ月半で帰国ですから、早く過ぎていく感じです。
2月は、特に28日しかないから、余計なのかも知れませんね。

では、皆さん、楽しいことがいっぱいありますように!


クリスマスパーティの写真掲載のご案内

ナオです!

皆さん、お変わりございませんか?
僕は、元気にしています。

僕のチェロは、フランス生まれですから、やはり母国で弾く方が楽しく鳴ってくれているようです。
家の造りや湿度により、かなり音色の響きが変わってきますから、当たり前の事ですが、弾いていて楽しいです。

今日は、ファンの皆さまにお知らせがあります。

昨年、12月9日(日)南麻布セントレホールにて、「レ・クロッシュ クリスマスコンサート&クリスマスパーティ」を開催致しましたが、その時の写真を掲載致しましたので、ご覧下さい。

ファンクラブ・ダイアリーに掲載しています。

http://maki-nao.com/fc/fc-diary/fc-d_20181209/ (パソコン・スマートフォン)

レ・クロッシュの多くのファンの方にご参加頂き、嬉しく思います。
ビンゴゲームはかなり盛り上がったのですが、写真撮影をお願いした方たちもビンゴゲームに加わったために、今年は、その時の写真はありませんが、集合写真は、とてもよく撮って下さいました。

来年の日時もお知らせ致します。

2019年のクリスマスコンサート&クリスマスパーティは、2019年12月14日(土)に、 渋谷の「L’atelier 」弦楽器工房(5F)一階にございますドビュッシーホールに決定致しました。

どうぞ、また楽しい思い出を作ってもらえると嬉しいです。

レ・クロッシュの春公演には、グリーグ「春に寄す」をプログラムに入れるつもりですが、フレーズが綺麗に聴こえるような運指が大分見つかってきました。

いつもの事ですが、声楽曲をチェロ曲にする作業は、時間のかかるものです。
適当な運指にすると、歌詞の呼吸と違ってしまいますので、歌詞を優先にしながら考えています。
春までには、素晴らしい音楽にしたいと思います。

新幹線の試運転のように、何度も何度も弾いてみて、耳で音の運びを考えていかなければなりません。

チェロソナタを弾くときでも、ゆっくり弾いている時は、この運指に決めた、と思っても、最終的な速度になった時に、何かしっくりしない箇所が出てくることがあります。
速度によって、その運指が向くか向かないか、というのは、最終段階になって変更することもあります。

パリは、今朝から霧に覆われています。
日中になると落ち着く日が多いのですが、今日の濃霧はかなりすごいです。

東京も今週末は寒さが厳しいそうです。

立春とはいえ、まだまだ寒い日が続くと思いますので、くれぐれもお体を大切になさって下さい。


練習頑張っています!

ナオです!

パリは、昨日から少し気温が高くなったので、明るく感じます。
もう立春ですから、暦の上では春ですが、2月は、まだ寒い日が多いです。
それでも、ようやく雪は全部融けて何も残っていません。

留守中に、強風の日があったようで、庭の柳の枝がかなり折れて散らかっています。
パリの家に戻ってから、ずっと寒かったのと天候が悪かったので、枝や葉っぱの山を掃除できなかったのですが、これから数日は天気が安定しているようなので、少しずつ片づけられると思います。

冬は、庭で卓球も出来ないですし、体力増進のための運動もなかなか出来ませんので、困ります。
アーティストは、練習量が長ければ成果が上がるというものではなく、特に、30代も半ばになってくると、スポーツ選手たちが鍛えても徐々に体力が落ちてくるのと同じで、激しいパッセージなどは、20代の時よりも時間を掛けて練習しなければ息切れしてくるし、細かい運動神経が鈍くなってきます。
今後は、体力維持にも力を入れて行かなければならないです。
もう少し暖かくなると、庭で何でもできるのですが、ちょっと今は寒すぎます。

音楽の場合は、音楽性でそれをカバーできますが、スポーツ選手たちは、技能だけで勝負するという種目が多いですから、大変厳しいだろうな、と思います。

それで、チェロの練習の合間に、意識的に、筋肉体操のような事をした方が、ただ練習をしているよりも弾きやすくなりますし、音楽が安定します。

ということで、今週は結構運動もしています。
だから、野球やサッカーの選手たちの気持ちもよく分かります。
筋肉って意識して努力して鍛えていかないと、筋肉がなくなってきますし、長時間のソナタなどは、年齢と共に息切れしてきてしまいそうです。
まだそれほど支障はありませんが、徐々に押し寄せてくるでしょうから、今からちょっと意識を持つことが大切だと思います。

今日は、グリーグのチェロとピアノのソナタの部分練習に時間を掛けてしています。
時間を掛けてこのような部分練習をしていると、安心出来ます。
ゆっくり練習ほど、素晴らしい練習法はないように思います。
また、今から練習を続けます。

ところで、また明日になると、シャンゼリゼ通りに面している、ブティックやレストランが明後日のデモの影響を受けないように、しっかりガラス窓や扉などが割れないように覆ったり、半日かけて作業をするそうですが、デモが続けば続くほど、パリ市民や観光客が困ってしまうどころか、経済にも影響が大ですし、マクロン大統領が撒いた種ですので、何とかして欲しいです。
今のところデモがいつ終わるか、見通しが立たない、とニュースで放映されていますから、僕たちの春の帰国の時期になっても、まだ「黄色のベスト運動」は続いている可能性もあります。

我が家は、パリ市内ではなく、騒音問題がないように、パリ凱旋門から30分ほど電車に乗ったところにありますので、全くここにいると、平和そのものですが、早く落ち着きのあるパリの街に戻って欲しいと思います。

日本の皆さん、まだまだインフルエンザが猛威を振るっているそうですので、くれぐれもお大事にして下さい。
何故なのか、フランスで、マスクをしている人たちがいません。
そのために、感染してしまうことが多いのでしょうが、今日のニュースで、フランス内で、インフルエンザによる死亡者が1000人を超えたそうです。酷いです!
マスクなしでショッピングに行ったり、病院の中の待合室でも絶対に移ってしまいます。
インフルエンザはどんどん広がっていく一方ですから、絶対にマスクは必須だと思います。
でも、僕がパリの街で、マスクをして、チェロを背中にしょって歩いていたら、ポリスに声を掛けられそうですが…

では、皆さんお元気でお過ごし下さい。


パリに到着しました!

ナオです!

無事パリに着きました。
思ったほど寒くなかったのでよかったです。

時差もさほどなく、元気に生活をしています。

恐らく、フランスの「黄色いベストデモ」のせいだと思いますが、機内は、いつもになく客席が空いていました。
いつも満席に近いのですが、7割とのことでしたが、もう少し少なかったような気がします。
少しゆとりがあってのんびり出来ました。

フランスのデモは、もう11週目ですが、まだ続きそうで、憂鬱です。
昨年の11月17日からはじまって、いつまで続くかも分かりません。
規模は縮小したものの、国民の多くはマクロン大統領の痛みを伴う改革に不公平感を抱き続けているようです。
それにしても、僕たちがパリに戻るころには落ち着いているかと思っていたのですが、まだまだ続きそうですから、これは大変な事です。

ところで、いつも同じタクシー会社に空港往復をお願いしているんですが、昨年10月にシャルルドゴール空港まで乗ったタクシーの中にデジカメを置いてきてしまったのです。
それで、日本での3ヶ月間は叔父のデジカメの一つを借りていましたが、帰りのタクシーの運転手さんが、事務所に置いてある僕のデジカメをまず取ってきてくれて、ようやく僕の手元に戻りました。

これも同じタクシー会社をいつも利用している常連のお客だったからで、普通だったらすぐ取られてしまう国なのですが、まずなくなっていたと思います。
いつもの親切なタクシーの運転手がすぐ携帯に連絡をくれたのですが、もうすでに空港でチェックインが終わっていたので、1月まで保管してほしいと頼んで、きちんと事務所に保管してくれたのです。
本当によかったです。
日本ぽいプレゼントを羽田空港で準備していましたので、お礼に差し上げたら大喜びしてくれました。

ところで、両親は、留守中にお世話になった近所の人たちに、日本のお土産を渡しに行く仕事から開始していました。
そして、まずは3ヶ月間の郵便物の整理に追われていました。

パリの家では、いつものように暖炉の生活が始まりました。
一日中暖炉でサロンを温かくしています。
昨夏、植木屋さんに、大きな松の木を1本切ってもらったとき、松の木や枝を薪にしてもらっているので、それで一冬持ちそうです。
暖炉係はずっと僕だったのですが、チェロの練習を中断することも多いので、最近は、父の仕事となりました。
最初は難しかったようですが、かなり上手になりました。

昨日と今日は、バッハの無伴奏チェロ組曲を練習しましたが、天井が高いところで練習をすると響きがよいので、とても満足して練習しています。

そして、少し休憩をして、今から名曲の練習に入りたいと思っています。
グリーグの「春に寄す」は、チェロの音域に合っていると思いますので、もともと声楽曲ではありますが、素敵なメロディーですので、時間をかけて美しく仕上げたいです。

冬は芝生も雑草も生えてこないので、庭仕事がないと落ち着いて練習が出来るからよいです。

では、姉は日本から、僕はパリからブログを書きますので、よろしく!

寒さが厳しいですから、お体を大切になさって下さい。


パリに帰ります!

ナオです!

寒くなりましたが、お元気ですか?

何とか今のところは、インフルエンザに罹っていませんが、怖いので、なるべくマスクの生活をしています。
外出するときはマスクをして、帰宅したら、しっかりうがいと手洗いを徹底しています。

いよいよ明日はパリです。

日本のファンの皆さんには、本当にお世話になりました!
また、春になりましたら、プログラムの曲を持って帰国しますので、よろしくお願い致します。

新しくした弓にも大分慣れてきて、よく響いてくれるので、嬉しいです。

今日は、準備と片づけに時間を取られてしまうので、あまり練習はしていません。

祖母の施設にあいさつに行って、今帰ってきました。
とても顔色がよく、理解力がすごくあるので、本当にすごいおばあさんだな〜と感心しながら話してきました。
春に戻ってくるまで元気でいて欲しいです。
祖母は、以前インフルエンザに罹った時から、高熱により、難聴になってしまい今も元気なのに、耳が遠いので可哀そうです。
体の中はどこも完璧のようで、検診でも問題になるところはないとのこと、母は羨ましがっています。

祖母は、レ・クロッシュのCDが大好きですので、いつも夕食時には、必ず僕たちの演奏を聴きながら食べてくれたのですが、今は、かなりボリュームをあげても厳しいようです。
歌詞がある方が聴きやすいそうです。
名曲などは柔らかい響きをもっていますので、聴こえにくいのかも知れません。
でも、耳にタコが出来るほど聴いて曲は、音量が小さくなっても音が聴こえなくても、耳の中で鳴っていてくれるそうです。

昨日も午後8時まで、姉と練習をしましたが、これからは、スカイプを使って、二人でディスカッションをしながらお互いに離れ離れで勉強することになります。
お客様が満足して下さるような演奏を心がけて、変化していく環境の中でも二人で頑張ろうと思います。

バッハの無伴奏チェロ組曲は、フランスの家屋の響きの中での演奏がとても毎年楽しみなのです。
ちょっと教会で弾いているような音色で聴こえてくるのは、恐らく、パリの我が家の天井がかなり高いからなんだと思います。

ホールでも天井の高さにより、かなり音色の響きが変わってきますが、ヨーロッパの風を感じながら練習できることは、とても贅沢な事だと思っています。

では、これから部屋の掃除と明日の準備をしますので、今日はこの辺で終わります。

また、パリからの便りを楽しみにしていてくださいね!


あと4日でパリに戻ります

ナオです!

皆さん、寒くなりましたが、お変わりありませんか?

姉と順調にデュオの合わせを開始していたのですが、18日に父がインフルエンザに罹ってしまったために、皆に移ったら大変だ、という事で一旦合わせの練習は中止して、一人で練習をしています。

父は、もうすっかり熱も下がり、今のところ誰にも移っていませんので、明日から再開します。
と言っても、僕は、26日に発ちますから、結局あと3日しか合わせることが出来ません。

グリーグのチェロソナタの2楽章の出だしのところは、なかなか音楽的に音が少ない分、手ごわいですから、今日は、時間をかけて練習をしていました。

楽譜に忠実に、を心がけて、勉強をしていますが、毎日色々な発見がありますから、遣り甲斐があります。

歌曲をコンサートのたびに、チェロとピアノで演奏することにしていますが、今年は、グリーグの歌曲の中から選んでみました。
皆さん、ご存知だと思いますが、「春に寄す」です。
春のコンサートに相応しいと思い、選曲しました。

オペラやミュージカルのように、ストーリーがあるわけではありませんが、それでも、クラッシックコンサートでもお客様が聴いていて、耳に心地よく聴こえてくるような選曲の順番にしたいと考えています。

今春のプログラムが皆さんにとりまして、聴きやすい曲目が並んでいるとよいのですが…

ホームページのスケジュールのページにご案内していますが、2019年5月27日(月)東京文化会館小ホールに於いて、午後7時より、「レ・クロッシュ リサイタル 〜ピアノ&チェロの夢の世界〜」を開催致します。

多くの方たちに聴いて頂きたいと思います。

ようやく、春の公演のチラシは出来上がりましたので、今発送中です。

チラシをお送りすることは可能ですが、26日以降は、主催であります、「及川音楽事務所 03-3981-6052」にご連絡して下さい。

家中、ポスターとチラシで溢れていますが、これが終わると、スーツケースに荷物を入れる作業があります。

チェロ用の楽譜をとにかく絶対に忘れないこと!です。
特に最終日に練習した楽譜を譜面台にそのまま置いてきてしまったこともあります。

日本からパリに持って行く品物は、僕がパリでお世話になっているチェリストたちへのお土産とパリの家の周辺でお世話になっている人たち、そして日本食の食材ぐらいですから、パリから日本に運んでくる荷物よりはワインのような重いものがない分軽いですが、それでもスーツケースの量が多くなりますから、やはり大変です。

冬は、気温が低いですから、冷凍食品などは、運んで行くことが出来ます。
保冷剤を入れて、何重にも熱が逃げないように持って行くようですが、結構効果があるみたいです。

母は、パリに発つ前夜は、ほとんど徹夜で、冷蔵庫の掃除と冷凍冷蔵のものを保冷バッグに入れる作業をしていますが、年齢と共に、日本食がよくなってきたそうです。(笑)

では、寒さが厳しくなりましたし、インフルエンザも流行っていますので、くれぐれもお気をつけて下さい。

また、パリからブログを書きますね!


今年も頑張ります!

ハロー!マキです。

皆さま、お正月は如何お過ごしでしたか?
お正月休みは、あっという間に過ぎて行きますね。

今年もレ・クロッシュを、どうぞよろしくお願い致します!

お正月には、家族で劇団四季の「アラジン」を観賞しましたが、想像以上に素晴らしく、彩音も感動していました☆
親族との新年会も楽しかったですし、友人の家にご招待を受けて彩音も遊ばせてもらったり、とても楽しい冬休みを過ごす事が出来ました。

一昨日からは、またナオとデュオの練習を再開しています。
彩音が、まずマミー(私の母)とピアノのレッスンをし、それが終わると、私とナオで、夜まで合わせています。
年明けの練習は、どこか新鮮な気持ちになれます♪

今日は、夫の帰りが遅くなるという事で、実家で夕食をご馳走になり、今帰ってきました。

彩音は今日から小学校の3学期が始まり、私も朝からお弁当作りが始まりました。また忙しい生活が始まります!

それでも、彩音は自分からさっさと起きて、朝の準備をし、張り切って出かけて行きましたので、「学校を楽しみに待っていたのだな〜」と思うと、お弁当作りも苦になりません。
2年生最後の学期も、頑張って欲しいです。

3月には、彩音はまたミュージカルに出演する事が決まりましたし、習い事もありますので、自分の練習は、午前中が勝負です!
今日もスイミングの送迎は、両親がしてくれましたが、1月26日には、両親もナオもパリに戻ってしまいます。

それからは、親を頼る事も出来ませんので、時間を上手に使おうと思います。

彩音は、他人を思いやる、優しい子に育って欲しいと願っています。
クリスチャンの学校ですので、寄付金を集める事が多いのですが、「お年玉から恵まれない人たちに差し上げましょう。」という事で、彩音は、親族の人たちから集まったお年玉から、強制ではありませんが、自分で値段を決めて、ランドセルに入れていたようです。
気持ちの優しい子だとは思いますが、思いやりのある子になって欲しいです。

明日、私と夫は、結婚10周年を迎えます。
平日ですので、夜レストランでお祝いをし、12日からは、熱海のリゾートホテルで、家族でゆっくり過ごすつもりです。
あっという間の10年で、色々な事がありましたが、家族が健康でいられた事が何よりです。

彩音はスイミングの帰り、母に、「パパとママにカードやプレゼントを買いたいから、どこかお店に寄って欲しい」と頼んだそうです。
そして私とナオが練習している間、明日の為にカードを書いて準備してくれていたそうですが、そういう優しい気持ちがとても嬉しいです。

あと10年後には、どうなっているのかしら?と考えると、月日の経つのは本当に驚く程早いです。
彩音がもう高校を卒業する年になっているのですから...^_^;

それでは、寒さが厳しくなりましたので、皆様もどうぞお体を大切になさって下さいね。


大晦日!

皆さん、お変わりありませんか?

マキ&ナオです!

もう今日で2018年が終わります。
本当に1年が年々早く感じますが、皆さんはどうですか?

特に「師走」という名がある通り、12月のクリスマス前あたりから、急ピッチで過ぎて行きますね。

皆さんは、楽しいクリスマスパーティが終わり、大掃除を終え、いよいよ明日は新年を迎えますね。
喪中の年ですので、お年賀は控えさせてもらいますが、来年がファンの皆さまにとりまして、素晴らしい年でありますように、祈っています。

本当にファンの方たちに、この1年支えて下さったお蔭で、楽しく有意義に過ごす事が出来ました。
本当に有難うございました。
来年も、レ・クロッシュは頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

今日は、何だかマキもナオも忙しくしていますので、短いブログですが、ファンの皆さんにお礼だけしたかったので、また新年にブログを書きます。

どうぞ、寒さが厳しくなりましたので、お体を大切にして下さい。


| 1/74PAGES | >>

現在パリは、

(UTC/協定世界時 +1)

Europa Artist Staff Blog

Europa Artist Concert Tickets Shop

北里楽器 - 未来のあるある子供たちに音楽のある生活を!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>


mobile

qrcode

links

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

profile

selected entries

recent comment

archives


ページトップへ戻る