時差で早起きしています!

ナオです!

今皆さんと同じ日本の空気を吸っています。
僕は花粉症ではありませんが、「今年は去年よりも酷いし、一回罹ると翌年からもずっと花粉症になってしまいますから気を付けた方がいいですよ。」と言われると、何だかゆっくりいつものように散策も出来ず心配になります。

スギ花粉は、4月上旬までと以前聞いていましたが、今はスギが終わり、ヒノキ花粉が中心のようですね。

フランスにも花粉症はないわけではないですが、大々的にニュースになったりする事が無い所を見ると、日本ほどではないと思います。

しばらくは、おとなしく家にいて、チェロのゆっくり練習でもしておいた方がよいのかな?

いよいよ、4月21日から春公演が開始されます。
今週は、平日は毎日合わせる予定にしています。
「メンデルスゾーンのチェロとピアノのためのソナタ 第2番」は、チェリストもピアニストも悲鳴をあげる曲として有名なようですので、素敵な曲ですが、とにかく時間を掛けて、丁寧な練習をして行くほかはないと思っています。
歌曲も色々な解釈があり、速度なども個人差がありますし、あれこれしてみて吟味して、一番よい速度を二人で見つけたいと思います。

時差がある時は、結構早起きが続きますが、今年も同じで、朝食は午前7時頃には終わってしまう日も多いです。
その分、午後から姉との合わせが開始ですから、午前中に、自分のやりたい練習をじっくりすることが出来、時間を上手に使っている感じがします。

帰国前に、日本画家のY君がパリの我が家で2泊して、一緒に帰国しましたが、色々な話をして楽しみました。
パリの来る前に、ドイツのバーデンバーデンの祝祭劇場で、コンサート三昧だったそうですが、やはりオペラの話になり、舞台装置や衣装がお粗末だ、という話になりました。
僕も子供時代に、オーストリアのザルツブルグやパリでも衣装や舞台装置が凝っていて、観ても聴いても楽しいオペラだったのに、段々経費を掛けない安っぽいオペラに変化していってしまい、何だかとても悲しいです。
この状況がずっと続けば、オペラ離れも必ず起きてしまうと思います。
Y君とは、映画の話も結構盛り上がってしまって、二人で意気投合してしまいました。
映画の話は、やっぱりその映画を観ている人ではないと話は通じず、一方通行じゃ面白くないしね…
空港まで荷物がいっぱいなので、2台のタクシーを頼んで、Y君と僕は一緒に乗って、映画の話の他、パソコンの話なども楽しくしていました。

さて、今日も午後からは姉が来ますので、午前中に、バッハの無伴奏チェロ組曲とソナタの部分練習、そしてトスティとベッリーニをやっておきます。

では、これからしばらく日本にいます!

またよろしくお願いします!


明日パリを発ちます

ハロー!マキです!

皆さん、お元気でいらっしゃいますか?

日本は、随分気温が高くなったそうですね。
私たちも4月3日にパリを発ちます。

この週末は、パリでのスプリングコンサートでした。
皆さんに、レ・クロッシュの演奏を聴いて頂き、 とても嬉しかったです。
これからもっと時間を掛けて磨いて行こうと思っています。

コンサートの打ち上げは、とても賑やかでした☆
打ち上げパーティーは、自宅で母の手料理でのおもてなしでしたが、母は、フランス人たちが好むメニューを知っていますので、 品数は多く出しても、どれも「美味しい!」 と言って食べてくれました。さすが、フランス人です!

これから、帰国の荷物準備をしなければなりません。
お土産は、大分買いこんだので、 それを上手くトランクに入れなければなりません。

短期間ではありましたが、 とても充実した毎日を過ごす事が出来ました。
彩音もとても満足していましたので、よかったです。
日本では、学校と習い事に追われ、 中々ピアノを練習する時間がありませんが、パリの家では、 母にピアノも歌もお勉強もしっかりみてもらえるので、彩音も驚くほど上達して帰る事でき、私も嬉しいです。

両親と弟は、4月6日に日本に着きますので、これからは、 日本で合わせの練習を進めていきたいと思います。

それでは、今度は日本からのブログとなります。
どうぞ、皆さんお元気で!


明日は姉がパリへ到着!

 

今週は、パリも大分春らしくなりましたが、昨日から、急に雪がチラチラ降ってきました。
折角桜が大分開花してきたというのに、花びらに雪が乗って、ちょっと寂しげに咲いています。

昨日、姪の終業式が終わったようで、ようやく、明日、姉たちはパリに来ます。

最近バッハの原典版の楽譜がペータース版から出版されたというので、自分が最も良いと思う運指法やフレーズなどを書く為久しぶりに"無伴奏チェロ組曲"の楽譜を購入しました。(楽譜の左上の赤線に"Urtext"と書いているのが、原典版です。スラーだけで、指番号は1つも書いていません。指番号が書いているバージョンと2つあるので、こちらを購入してみたい方は、お間違えにならないように。)
デュオの合わせの練習は、これからです。

デュオの練習は、以前のように、二人でゆっくり顔を合わせている時間がなくなりましたので、より効果的な練習方法でやらなければならないのが、ちょっと大変になった所かもしれません。

 

今年の春の公演では、新しい歌曲"ベッリーニ「マリンコニーア」"と"トスティ「今ひとたび!」"という曲を演奏します。
今日までは、母のピアノに合わせて練習をしていましたが、とても綺麗な流れの曲ですので、姉とよい音楽つくりをしたいと思っています。

歌曲をチェロで演奏するには、歌詞をもとにフレーズが美しく流れるような運指と弓の運びを自分で作りあげないといけませんので、かなりの時間と工夫が必要です。
ただ、一度完成し、練習して、慣れてしまえさえすれば、弾きにくい事には変わりありませんが、問題なく弾く事が出来ます。

 

パリに着いた時は、大雨続きで、セーヌ川の増水が深刻な時に比べ、かなり水位は落ち着いてきた感じですが、まだ高めで、大分枝の残骸で汚れているので、早く元のセーヌに戻って欲しいです。

 

数日前に、パリのステーキ専門店に久しぶりに行きましたが、ビーフが柔らかく、何よりも一人分が大きくて食べ応えがあります。
やっぱり食べる量が違う感じです…

ハンバーガーの大きさも国によって違いますが、日本のハンバーガーよりもフランスのハンバーガーはかなり大きいですし、一人分のフリッツの量も多いです。
アメリカのハンバーガーは、フランスのよりももっとずっと大きいですから、肉食の国は食べ方が違うんですね〜

パリにあります、ラーメン屋さんの前と通ると、以前は日本の旅行者やフランス在住の日本人ばかりでしたが、この間その前を通ったら、ランチの時間でしたが、フランス人がとても多いので驚きました。
寿司ブームで、ヘルシーな食事として、お寿司を好むフランス人はかなり多くなっていますが、ラーメン好きのフランス人も随分増えたという事だと思います。

 

日本では日本の美味しい物を、フランスではフランスの美味しい物を食べることが出来るのは有難いですし、食文化の豊かな国を行き来出来る事は、本当に贅沢だと感謝しています。

折角春を迎えられたと思ったら、少し寒さが戻ってガッカリしていますが、これからの毎日を張り切って頑張りたいと思います。

 

今、庭の写真を撮りましたが、桜の花に雪が積もって重そうです。( ;∀;) サムイヨ~
見て下さい。

 

皆さんもお元気で!


もう3月・・・

  

 

ハロー!マキです!

皆さん、お元気ですか?

 

彩音が1年1組の教室に居られるのも、残り1週間となってしまいました。

 

両親とナオはパリにいますので、今年もお雛祭りは、夫の両親と一緒にお祝いしました。
食後に皆でトランプをしたりして、楽しい一日を過ごす事が出来ました。

 

今週の月曜日は、彩音の小学校の多摩川探検の日でしたが、生憎大雨と強風でしたので、火曜日に延期となりました。火曜日は寒かったですが、子供たちは元気に、秘密基地を作ったり、レストランを開いたり、ブランコを作ったり、多摩川の沼でカエルの卵をとったりと、グループ毎に分かれて楽しそうに遊んでいました。お昼頃教室に戻り、親子で一緒にお弁当を食べ、5時間目の国語の授業にも参加させて頂きました。

 

さて、多摩川探検から学校に戻ると、ビッグニュースが待っていました☆
2年2組の生徒たちが飼っているヤギのユキちゃんが、学校のヤギ小屋で2頭の赤ちゃんを出産したというお知らせが入ったのです!2年生は、お産にも立ち会ったそうです。

私たちがヤギ小屋へ見に行った時には、もうチョコチョコ自分の足で歩いていました。
胎盤もまだそこにあり、赤ちゃんの耳には血液がついている状態でしたが、本当に可愛かったです!

 

彩音は、自分のクラスで飼っているヤギのひかりちゃんが大好きで、掃除当番、お散歩やお世話など、毎日本当に楽しんでやっています。

このように、多摩川へ探検に行ったり、生き物の世話、動物の成長を観察しながら送れる学校生活は、貴重で素晴らしい体験だと思います。
マンションですと、彩音から催促されても、動物を飼う事が出来ませんので、学校での生き物教育は、とても有難いです。

 

来月には、彩音ももう2年生になりますが、1年はあっという間で、何だか信じられない気持ちです。
でも、これからも色々な事を吸収して、優しい子どもに育ってもらいたいと、いつも願っています。

 

ところで、ピアノ専門誌「月刊ショパン」の3月号に、私の記事が掲載されています。「ピアニストはいま・・・」というタイトルで、色々なピアニストさんの「今」を意識して書かれていますが、もしご興味がおありでしたら、ご覧下さい。

 

あと、10日でパリに行きます。
学校の終業式が終わってすぐ出掛け、4月の始業式前には戻る予定です。

 

パリではまた、ピアノ三昧の落ち着いたピアニストに戻って、じっくり勉強したいと思います。
その時間、彩音は、母とピアノや歌だけではなく、あらゆることをして楽しむ事でしょう。
毎日目を輝かせて生活をしているので、私も落ち着いてピアノに没頭することが出来ます。
感想文、写生、工作、計算・・・、毎日が楽しそうです (^-^)

 

レ・クロッシュの春公演も、ファンの皆さんに楽しんでもらえるようなプログラムにしていますので、是非聴きにいらして頂けたら嬉しいです。
今年は、ドビュッシー没後100周年ですので、ピアノソロは、ドビュッシー曲でまとめたいと思いました。
弾けば弾く程味が出る曲ばかりを選曲していますので、頑張りたいと思います。

 

それでは皆さん、暖かくなったり寒くなったりと、気温差が激しいですが、お身体にお気をつけてお過ごし下さい。


オリンピックは終わりました!

今年のオリンピックは、本当に楽しかった!!!

ベストを出せた人や実力を出しきれなかった人など、色々な人がいますが、全員この日の為に頑張って来たので、お疲れ様と言いたいです。

毎日コツコツ地道に力をつける事は、アーティストでも同じですし、コンディションというところでも同じだと思うので、余計に結果だけではなく、スポーツ精神みたいなところに感動しましたね。

僕の記憶に特に残ったのは、フィギュアスケート - 男子シングルで金銀を取った羽生結弦選手と宇野昌磨選手、スノーボード - 男子ハーフパイプで銀メダルを取った平野歩夢選手、スピードスケートで五輪新を出した小平奈緒などの選手でしょうか?

東京にいる祖母も、スポーツ観戦なら何でも好きなのですが、オリンピック観戦は特に楽しく観ていたそうです。

ところで、姪の「新・雪のプリンセス」のミュージカル公演も2月25日で8公演終了したようです。
とても楽しく有意義な生活が出来て、みんなが評価して下さったと言っていました。

さて、これから姉は、ピアノも猛練習をしなければならないのでしょう。

とにかく、母はパリにいるので、姉が練習の送迎をしなければならず、中々ゆっくり落ち着いた練習が出来ず困っていたみたいです。

あと3週間で、姉と姪は、パリに来ますが、姉は、集中レッスンをするための時間をたくさん使わなければならないと思います。

僕もパリでの生活は、いつも通りに、チェリストたちに演奏を聴いてもらっています。
これから何に時間を掛けてやらねばならないかという事は分かっていますので、時間のある限り頑張りたいと思います。

今週は、ロシアの寒波の影響で、パリも寒い日が続いています。
雪はすっかり融けましたが、今粉雪が降ってきています。
最高温度0度、最低気温−5度が3日間続いています。

春が待ち遠しいな〜

では、皆さん、今週も楽しい時間をお過ごし下さい!


2月も頑張ります!

マキです!

皆さん、お元気ですか?

インフルエンザが流行っているようで、恐ろしいですね。
皆さんは、大丈夫ですか?
インフルエンザに罹ってしまっている方は、くれぐれもお大事にして下さい。

昨日から、彩音のクラスは学級閉鎖になりました。
水曜日までお休みとなります。

一応マスクだけはさせていますが、何だかとても心配です。

私は、毎日午前中だけは、しっかりコンサートのためのピアノの練習時間に充てています。
学級閉鎖の間は、彩音が家にいるのでちょっと調子が狂ってしまいますが…
ナオと合わせるまで、あと5週間ちょっとですので、気合を入れて頑張っています。

彩音は毎日学校が終わると、ミュージカル「新・雪のプリンセス」の舞台稽古が夜8時まであるので、学校の帰りに、直接稽古場に連れて行っています。

とても素晴らしいプロデューサーやスタッフに恵まれて、楽しい時間を過ごしているようです。
 

週末のように、昼食と夕食をスタジオで食べる時は、お弁当を持たせますが、普段は学校帰りなので、好きな物をコンビニなどで選んで、休憩時間などに食べているようです。

最近は、寒いからと言って、コンビニで自分の好きな「おでん」の具を選んで持って行っています。
「そんな汁物大丈夫なの?」と思いながらも、本人がそういうので持たせました。
そうしたら、みんなに、「あやねちゃん、おでん美味しそう〜」と言われたので、それを良いことに、このところおでんに凝っています(笑)

何だか変わった子ですが、冷めるからと言って、さっさとおでんを食べてから、お稽古を始めているそうで、想像しただけで笑ってしまいます。
本当にマイペースな子なのだと思います。

スクールのレッスンに父が連れて行ってくれた時にも、「おでん」と「焼き鳥」を隣のコンビニで急いで食べて行ったそうで、父は、「これにあと、日本酒でもあれば、おじさんメニューだね〜」と笑っていました。
おでんの具は、いつも「大根」「たまご」「こんにゃく」と決めています…(笑)

週末はお稽古の時間が長く、午前11時〜午後8時までです。
今は五反田のスタジオに通っていますが、来週からは、お台場が稽古場となります。

学校が終わり次第、急いで電車で向かいますが、宿題は、スタジオに向かう電車の中でしなければ、帰りは帰宅が遅くなりますので、最近はこのような生活になっています。

何とかインフルエンザにならずに、乗り切りたいです。

いつも行事には拘り、節分の日は朝から張り切って楽しみにしている子でしたが、この日もミュージカルのお稽古が終わり、近くのお寿司屋さんで恵方巻を頂いて、帰ってから「福はうち〜鬼はそと〜」と声をあげて豆を撒いてくれました。
かなり遅い時間になってしまいましたが、それでも、今のところは、何をするにも楽しい一日を送ってくれるのが何よりも嬉しいです。

今、私たちのマンションのエレベーターが工事中で、2週間使えません。
工事は2月2日から始まり、私は息切れしながら階段を上っていますが、彩音の方が先に12階まで上ってしまいます!

習い事、特にスポーツ系が多かったですが、このようなハードスケジュールとなると、毎日忙しく習い事をしていたのがよかったのかな?と思っています。
高学年の子供たちでも、体力があまりない子は、もう悲鳴をあげているそうですし、音楽家もそうですが、最後は体力勝負なのでしょうね。

それでは、寒い日が続いていますので、くれぐれも皆さんお体を大切にして下さいね!


パリの気候とクリスマスコンサートの写真掲載!

ナオです。皆さん、お元気ですか?

日本は、寒い日が続いているそうですが、パリは雨が多く、セーヌ川の氾濫が心配されています。
セーヌ川の遊歩道は、とても気持ちがよい散歩道なのですが、全部水で埋まって通れない状況です。
水位が通常よりも4メートルも上昇しているそうです。
パリの住民は、1500人が避難しているとのこと、早く落ち着いて欲しいのですが、今日も雨がかなり降っています。

テロ事件が続いていた時期は、ほとんど日本からの観光客の人たちは飛行機に乗っていなかったのですが、今回は、少し落ち着いたせいか、いくつものツアー旅行の団体さんたちが同乗していました。
シャルル・ド・ゴール空港では、それぞれの団体に分かれて、添乗員が名前を呼んだり、諸注意など連絡をしていましたが、あの人たちは、折角パリ旅行を楽しみにしていらしたにも関わらず、このような天候では楽しむ事も出来ません。
とてもお気の毒に思います。

観光用の遊覧船「バトー・ムーシュ」が欠航する中、アスファルト上に当たる場所で白鳥が泳いだり、流されたネズミが通りにあがってくるなどしているとのこと、大変な事です。
セーヌ川クルーズは、旅行者にとって優雅な時間ですし、ディナークルーズは、かなり前から予約して楽しみにしていたと思いますが、すべてキャンセルとは酷い話です。

セーヌ川に面したルーブル美術館も一部閉鎖で、低層階にあるイスラム美術品の棟が閉鎖されていると聞いています。

早く水が引いて、一日も早くもとのパリの町に戻って欲しいです。

ところで、昨年の12月10日(日)に開催されました、「レ・クロッシュ クリスマスコンサート&クリスマスパーティー」の写真をファンクラブのサイトに掲載致しました。

 

「レ・クロッシュ ホームページ」のファンクラブサイトからご覧頂けます。

 

http://maki-nao.com/fc/fc-diary/fc-d_20171210/

 

また、今年も同ホールにて、12月11日(日)に、レ・クロッシュ クリスマスコンサート&クリスマスパーティーを開催致しますので、是非ご参加下さい。

雨はしとしと降っていますが、チェロ君は、自分の故郷に帰ってきて、俄然響いてくれています。
家の構造も違うと思いますが、何故これほどチェロの響きが違うのか、パリの家に戻ると不思議に思います。

では、地道に丁寧な音楽つくりをしてから、また春には日本に帰国致します!

寒さが厳しいそうですので、くれぐれもお体を大切になさって下さい。


明日パリに発ちます

皆さん、今回の雪は驚きましたね。

こんなに積もるとは思ってもいませんでした。

さて、今から準備を始めますが、忙しいのに、今日は観たかった映画があったので夕方から観てきました。
それは、”ジオストーム”です。
すごい迫力でしたが、やっぱり行ってよかったです。
ハラハラするけれど、映画の制作そのものに感心しました。

楽譜などの忘れ物をしないように、慎重に入れて行きます。

昨日も夜まで姉と合わせる事が出来ました。
本当は、姪が来月出演します、「雪のプリンセス」の練習が始まるはずでしたが、雪のために中止になったそうです。
それで、母のピアノと歌のレッスンをしばらくしてもらえない、と楽譜をたくさん持って来ました。
そのお蔭て、夜まではずっと姉とデュオの練習が出来ました。

次の合わせは、3月となります。
彩音の終業式が終わりすぐパリに来ることになっています。

では、これからはしばらくパリからのブログとなりますが、皆さんお元気にお過ごし下さい。
風邪も流行っているそうですので、お体を大切にして下さいね!


あと10日でパリに戻ります!

ナオです!

皆さん、寒くなりましたが、お変わりありませんか?
1月になると、急に風が冷たくなったような気がしますが〜

僕は、あと10日でパリに戻ります。
実は今日分かった事なのですが、父がチケットを取ってくれていたのですが、去年が1月27日で今年もそうするつもりでいたのですが、週末で埋まっていたために、1月25日に変更していまして、それをすっかり忘れてしまっていたのです!
パソコンの中のEチケットを印刷していなかったがそもそもいけなかったようです。

今日、母が確認をして、ビックリ!
直前だったらもっとビックリして、当日気付いたら乗れなかったのですから、まあ今気付いてよかったです。

 

ところで、以前は、日本帰国時期が年間で1ヶ月足らずだったのですが、段々日本での生活が長くなりました。
日仏の生活が、丁度半分ぐらいになりました。
これは、音楽院を卒業して自由の身になったことと、姉の結婚により、姉の日本滞在期間が長くなってきましたので、僕一人ずっとパリにいてもデュオの練習が出来ないからです。

今年も3月には、姉が姪と一緒にパリに来ますが、短期間での合わせですから、その期間は、二人で必死になっています。

彩音も今年はもう小学2年生ですから、学校重視で考えるようになり、結構色々頭を悩ます事が多くなりました。

地方のコンサート依頼も平日が多いですし、日曜日でも月曜日に帰宅となると無理ですし、色々厳しい状況です。
地方公演は往復で時間が掛かってしまいますから、コンサートの日だけではありませんからね。

 

僕たちは、子供時代、日本に帰国すると言っても、東京と軽井沢の別荘、時々ディズニーランドや都会に出るぐらいだったのですが、20代の頃のコンサート活動を通じて、たくさんの日本の都市を知ることが出来ました。
僕たちは、フランスの現地校での歴史の授業では、フランスのナポレオンの事ばかり勉強していましたから…(笑)

 

北海道の札幌には、10回ぐらいリサイタル依頼がありましたし、東北では宮城県の仙台、福島県の郡山、須賀川、いわき・・・隣の件の、神奈川県の横浜では、もう10年以上、「日仏フランス月間」というのが横浜市で当時春に開催していましたので、それをきっかけにずっと続いてリサイタルをさせて頂いています。
今年も横浜のベーリックホールで、例年のように、4月22日に、「レ・クロッシュ リサイタル」を開催の予定です。
最近は、ファンクラブの集いやコンサートを箱根の「ホテルグリーンプラザ箱根」でさせて頂いています。
埼玉でも結構マネジメントさんの依頼であちらこちら演奏する機会がありました。
去年は、楽器店店長さんが、東京文化会館に聴きにいらして下さったのがきっかけで、お正月早々アフタヌーンコンサートをさせて下さいました。
静岡では、浜松のヤマハミュージック主催でのリサイタル、愛知県の名古屋の宗次ホールや豊田など企画して下さいました。
関西では、大阪、兵庫なども叔父が健在の時に、10年近く毎年させてもらっていました。
九州では、福岡や熊本も何度もリサイタルやゲスト出演などもありましたが、その都度観光も出来て、本当に有意義な時間を過ごす事が出来ました。
沖縄での公演が終わった夜には、首里城でのお祭りまで観る事が出来て、ラッキーでした。

僕たちが、日本の城をはじめて訪れたのは、2002年の熊本公演の翌日に熊本城に訪れて、その日本の城の美しさに驚きました。
東北の郡山のコンサート後に、会津鶴ヶ城にも足を運び、やはり感動しました。
それ以後、日本の歴史にも自然に興味を持つようになりました。

最初に観た、記憶に残っている、熊本城の再建には30年掛かってしまうそうですから、熊本地震により大変な被害を受けてしまったのだと思います。

 

お正月明けには、いつものように、バッハのチェロ無伴奏組曲を毎日練習していますが、年の初めにバッハを奏でるのは、清々しい気持ちになれて、よいものです。
弾いていて心が洗われるような気持ちになります。

春公演のチラシは印刷中ということですから、届きましたら、ファンの皆さまのお手元に届くことと思います。

東京文化会館での公演は、5月21日(月)19:00開演予定ですので、是非聴きにいらして下さい。

 

今年も真剣に音と向かい合いながら、よりよい演奏を心がけたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

では、寒くなりましたので、くれぐれもお体を大切になさって下さい!


明けましておめでとうございます!

マキ&ナオです!

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆さまに取りまして、素晴らしい年となりますよう、お祈り申し上げます。

今年は、戌年ですね。
今年はワンちゃんの年ですので、「ワンダフルでありますように!」という言葉を多く使われていますが、本当にそう願っています。

年末からお正月は、親族や友人とのお食事会など、イベント続きですが、楽しい幸せな時間ですので、有意義に過ごしています。

皆さまは、どのようなお正月をお過ごしですか?

子供時代には、フランスから一時帰国して、クリスマスとお正月を楽しんでいましたが、当時はフランスにしか家を持っていませんでしたので、毎年、祖父母や従姉の家に泊まらせてもらっていました。
クリスマス休みの帰国を、周囲の人たちが大歓迎してくれて、楽しいひと時だったことを今でも覚えています。

従姉たちの地域のお餅つき大会に一緒に参加させてもらったり、従姉たちのピアノ教室のクリスマス発表会に臨時で弾かせてもらったり、日本のイベントは充実しているので、そのような生活が楽しくて仕方ありませんでした。

ところで、レ・クロッシュのマキ&ナオは、今年も芸術性を高め、多くのファンの方たちを魅了する演奏を目指したいと思います。
一音一音心を込めて大切な音作りに力を注ぎたい、を年頭から頑張っています。

今年の東京文化会館での東京公演は、5月21日(月)(19:00 開演)に「レ・クロッシュ リサイタル 〜ピアノ&チェロの夢も世界〜」を開催致しますので、是非お聴き下さいますと嬉しいです。
その他にも横浜での公演なども決定しています。

三が日は、我が家に訪問客のほとんどが親族ですが、祖母は高齢過ぎて接客が出来ませんので、祖母をはじめ皆がナオの家に集まりました。
来客の方たちは、毎年、「まるで料亭の新春料理!」と大変満足してくれますので、自然に母のところに皆が集合することになるのですが、皆さんから喜ばれることは嬉しい事、と言って、母は俄然張り切っていました。
おせち料理の他にも盛り沢山の手料理を作り、あれこれ美しく並べて接待をしていました。
餅つき機を使って、皆さんに出来上がりホヤホヤのお餅を配りましたが、お餅を丸める係はマキです。
そして、マキは手製のケーキを作り皆に喜ばれました。
ナオは、もっぱら配膳の方を手伝いました。

毎日忙しいのに、初詣は、元日の0時に出てお参りに行く習慣は変わらず、ほとんど寝ずにおせち料理の準備で毎日10人位のおもてなしですから、今日ぐらいは休んで欲しいと思っています。

ところが、朝から、「さあ、今日は仕事仕事!春のコンサートチラシの原案を作って、デザイナーさんに送らなければ!」と張り切っています。

今年は、体の健康を考えてゆるやかに生活をして欲しいと、マキ&ナオは願っています。

では、寒さが厳しくなりましたので、お体を大切になさって下さい!


| 1/71PAGES | >>

現在パリは、

(UTC/協定世界時 +1)

Europa Artist Staff Blog

北里楽器 - 未来のあるある子供たちに音楽のある生活を!

AstroArt

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>


mobile

qrcode

links

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

profile

selected entries

recent comment

archives


ページトップへ戻る