パリでの一週間

    

ナオです!

暑い日が続きますが、皆さんお変わりありませんか?

無事パリに戻りました。

日本では、本当にファンの方たちにたちに、大変お世話になりました。
お蔭様で、充実した楽しい日本での生活を過ごすことが出来ました。

本来は、姉も姪も一緒にパリの家に来る予定でしたが、何と、パスポートの期限が、3ヶ月以上なければフランスの場合は、入国出来ないという事になり、姉たちは、しばらく日本で留まる事になりました。
パスポートが出来上がるまでには、1週間掛かるそうですので、来週には出来るのでしょう。
チェックインの時に発覚して、もうビックリでした!
あまりにひど過ぎます。
このような大事な事は、チェックインではなく、航空券購入時に、知らせて欲しいと思います。

折角、パリでは、二人で曲を弾いたり、新曲を選んだりしようと楽しみにしていたのですが、とても残念です。

今日で、丁度パリの生活をはじめて、1週間になります。

姪を楽しませようと計画した、ディズニーランドホテルにも、結局キャンセルや変更が出来ないために、無駄にするのも勿体ないし…という事で、久しぶりに行ってきました。
僕は、子供のころから、ディズニーランドが好きでよく出かけましたが、今回は2年振りぐらいでしょうか…

偶然にも、何と、42,6度を記録する日にぶつかってしまい、本当に暑かったですが、それでも、夜11時からのディズニーショーの時間になると、それなりに風が吹いて気持ちがよかったです。
年々光のショーも花火も凝ってきて、皆、大歓声でした。
メルヘンの世界を好む姪が観たら、どんなに喜んだかな〜と思いながら、観ていました。

日中は、暑さのせいか、ジェットコースターの待ち時間は、いつもよりは短かったように感じました。

ヨーロッパの人たちの体力には、本当に呆れてしまいます。
炎天下、ベビーカーを押しながら、若い夫婦は楽しそうに歩いていますし、暑さを全然感じていないような足取りです。
1日目は、ほとんどディズニーランドパークに、2日目は、ディズニースタジオを中心に回りましたが、一度も救急車の音を耳にしませんでしたから、これだけたくさんの人たちが押しかけて、熱中症になった人はいなかったのかな、と不思議に思います。
湿度が伴わないと違うのかも…

やはり長年フランスに育っても、日本人なんだな、と感じることは、こういう暑い日には、天ざるそばやおそうめんが食べたくなりますが、パーク内では、みんな大口開けて、ハンバーガーとポテトを美味しそうに食べています。

さすがに、飲み物とアイスクリームは、人気絶頂でした。

さて、今週から落ち着いて、チェロの練習を始めています。
それと同時に、今まで歌曲をチェロとピアノ用のデュオ曲にしましたが、チェロ愛好家からも、弾きたい曲があるので、是非販売して欲しい、という声も以前からありますので、自分だけが分かればよい楽譜ではなく、きちんとチェロの運指を細かくしっかり書いて、楽譜として仕上げて行こうと考えています。
その作業もこの夏は、少しずつ進めたいと思っています。

今日は、急に気温が下がり涼しくなりましたので、湿度は低いですから、とても快適な生活が出来そうです。

姉たちは、姪のミュージカル本番が8月18日に終わりますので、19日には、パリに来るそうです。

短期間ですが、充実した楽しい生活を送れると良いと思っています。

では、日本は、暑い日が続いていると思いますので、くれぐれもお体を大切にして下さい。

10月中旬までは、パリからのブログとなりますので、よろしくお願いします。


今月の出来事☆

ハロー!マキです!

 

7月も半ばになってしまいましたが、皆さんお変わりありませんか?
今年は涼しい日が多く、夏はどこに行ってしまったのかな…と思ってしまいますね。

 

6月で、レ・クロッシュの春のコンサートは無事終了しました。
いつも皆様が温かい声援を送って下さるので、本当に嬉しいです。
引き続き、応援よろしくお願い致します。

 

今は夏休み前ですので、小学校の保護者会や個人面談などもありましたし、彩音は8月のミュージカル「ジャッキー」の練習も始まり、送迎などで毎日忙しくしています。

今年の夏は、彩音を連れて、1年4ヶ月振りにパリに行きます!
それでも、8月中旬にミュージカル公演があるので、ゆっくりすることは出来ず、8月の初めには戻らなければなりませんが、短い期間でも、私にとっては大切な故郷ですから、有意義に楽しんで来たいと思っています。

 

コンサート期間中は、彩音の習い事の送迎は、両親に頼んでいましたが、今日の新体操とスイミングには、私が付き添いました。
スイミングは、週1コースですので、ゆっくり進んでいけばよいと思っていたのに、検定のたびに、どんどん進級していき、今日は、3級の検定でした。
4級は、バタフライだけでしたが、3級からは、全種目のメドレーの練習が入るので、観ているだけで大変そうですが、彩音は大分慣れて、今日の検定でも合格することが出来ました。
来月からは2級の練習となり、いよいよタイムが必要になります。

 

フランスの小学校には、夏休みが長いせいか、水泳の授業はありませんでした。
ただ、市営プールが近くにありましたので、担任の先生が勝手に体育の授業をスイミングに変更したりしていました(笑)
日本では考えられませんが、指導要領がないので、担任の先生独自で年間のスケジュールを決めていきますが、小学2年生の時の担任の先生が体育の先生でしたので、他のクラスは、9月〜10月くらいまでがプールの授業だったのに対して、私たちのクラスは、多数決により、半年間体育の授業がすべてプール指導になっていました。
でも、楽しかったけれど、スイミングスクールのようにきちんと先生が教えてくれるわけではないので、低学年という事もあり、友達と遊んでばかりいて、上手にはなりませんでした (^_^;

 

彩音の泳ぎを見ていると、コーチからきちんと指導を受けて、成果が上がっているのは。とても羨ましく、そしていつも感心しています。
上級クラスは難しいので、今日の検定は。さすがにまだ無理かと思っていたら、100mメドレーを泳げてしまったので、本人も大喜びしていました♪

本当に、教育の大切さを痛感しています。


明日は、マミー(母)のところに行き、彩音はピアノのレッスンをしてもらいますが、忙しいとピアノの練習はじっくり出来ませんので、即席でしていくことが多いです(^_^;

 

そして彩音は、7月21日で9歳になります。
一年が早すぎます!!

 

誕生日当日も、ミュージカルのお稽古があるため、お稽古後に新宿でパーティーをする予定ですが、今からワクワクしているようです♪
落ち着きのある、心優しいお姉さんに育って欲しいなぁ〜と思っています。

 

さて、その翌日の22日には、パリに出発ですので、少しずつ準備もしなければなりません。
私の子供時代は、毎年の夏休みになるとヨーロッパ旅行をし、ザルツブルグ音楽祭でコンサートやオペラを楽しむ事が当たり前のようになっていましたが、日本に住んでいますと、そのような優雅な生活は、なかなか出来ません。。
陸続きだと簡単に他国に移動できますが、島国は、必ず飛行機で行かなければなりませんから、大変です。

 

今でも、フランス生活でのハプニング話の中によく出てきますが、私は小学校中学年のころから、ドイツ フライブルグ音楽大学のフォークラッセ(英才教育科)に合格し、通っていたのですが、父の仕事の帰りを待ち、皆で車に乗り込んで、ドイツへと毎週レッスンに通っていました。
母がうっかり、皆のパスポートを入れ忘れて出発すると、大変な事になります。
当時は、EUではありませんでしたので、ドイツとの国境で必ずパスポートを見せなくてはならないのに、国境に来てから忘れた事に気付き、また家まで40分くらい掛けて戻った事もあります。
日本人にその話をすると、皆さんビックリされますが、そういう時代だったのです…。

 

来週からは、パリの家でナオと一緒ですので、時間のある限り、色々な曲を合わせて、素敵な曲と巡り会いたいです。

 

では皆さん、楽しい夏休みをお過ごし下さいね。
くれぐれもお体を大切に!


梅雨の時期のチェロ対策

ナオです。
皆さん、梅雨の時期が続いていますが、お元気ですか?
マキ&ナオは、元気です。

春公演がすべて終わり、”元気”というよりも、ホッとしている、と言った方が今の時期は相応しいかも知れません。

僕は、長野公演のあとに軽井沢で過ごしていましたが、東京よりも雨は少なく、1週間の間、日中雨に降られることはありませんでした。

鳥のさえずりを、毎朝寝床で聞くと、「今軽井沢にいるんだな。」という安らぎを覚えます。
この家に最初に来たのは、生後半年の夏休みだったとか…
母方の祖父母は、自然が大好きなので、夏はここで過ごしていましたが、僕も大好きでした。

最初に来た時は、部屋中、ハイハイして回っていたそうですが、物心ついた時から、渡仏するまでは、毎夏楽しみにしていました。
山小屋風ですが、野鳥の声を聞けることと、川のせせらぎの自然の音が大好きでした。
壁の隙間にセメントをつめて、白ペンキで塗ったり、練習の合間に作業をして過ごしました。

チェロでもより自然界から聴こえる音に近い音色で弾きたいと、感じています。

そして、夜空の星も綺麗で、この近辺で、何度も流れ星を観ることが出来ました。

昨日の7月7日は、残念ながら星座を観ることが出来なかったので、彦星と織姫は会えなかったのかも知れませんが、何だか雨でも空を眺めてしまっていました。

この時期は、チェロの管理にいつも神経を使います。

フランス生まれのチェロ君は、除湿した部屋で管理をしていなければ、チェロ本体の周りの糊が剥がれかけてしまったりしますから、今回は、軽井沢にも除湿器を運んで行きました。

僕にとって贅沢な時間は、川のせせらぎに耳を傾けながら、サン=サーンスの「白鳥」やバッハの無伴奏チェロ組曲を弾くことかも知れません。

東京に戻り、梅雨の中ではありますが、日本の生活はあと2週間ですから、有意義に過ごしたいと思います。

では、皆さんもお元気でお過ごし下さい。


春公演終了!

ナオです!

皆さん、お変わりございませんか。
マキ&ナオは、長野公演が終り、春公演が終了しました!
本当にファンの皆さんの応援のお蔭で、無事に終えることが出来ました。
心から感謝しています。

長野県の鹿教湯温泉 斎藤ホテルでのロビーコンサートですが、レ・クロッシュが今年も演奏するという事で、わざわざ日程を合わせて宿泊にいらした方たちがお声を掛けて下さいました。
終演後にも、親しげにお声を掛けて下さる方が多かったです。
CDも来るたびに違うCDを購入して帰られる、という話を聞き、とても嬉しくなりました。
お客様が温かく、スタッフも皆さん温かく、音響のよいロビーでの演奏、そして最後はゆっくり露天風呂で…といつもコンサートの緊張はありますが、最後は優雅なコンサートとなりました。

もう今日から7月になりました。
今、僕は、軽井沢に来ています。
祖父母の別荘を復活させてリフォームしましたので、毎年来ては、ベランダのペンキを塗りなおしたり、外階段の落ち葉拾いをしたり、チェロの練習はもちろんしていますが、半日は、散策と家の手入れに力を入れています。
祖父譲りで、家の修理やリフォームするのが大好きで、趣味で楽しんでいます。
とにかく、空気が美味しく、朝になると鳥のさえずりで目を覚ます生活は、やはり最高の贅沢だと思います。

明日からは、また2泊3日で、八ヶ岳中信高原国定公園・横谷渓谷周辺を散策してこようと思います。
横谷渓谷の渓流の途中には、4つの滝があって、マイナスイオンにあふれているそうです。

遊歩道には、武田信玄ゆかりの木戸口神社・渓谷に竜神の巨石があるとの事です。

一旦パリに戻る前に、リフレッシュをしてから、またチェロに向かいたいと思っています。

梅雨の時期で心配しましたが、こちらは晴れていますので、よかったです。

では、皆さん、楽しい7月をお過ごし下さい。


来週は長野公演です!

 

ナオです!

皆さん、天候が不順ですが、お変わりありませんか?

箱根でのコンサートから戻り、来週は長野です。

箱根では、コンサート当日の14日は、晴れていましたのでよかったですが、翌日は朝から大雨でした。

コンサートには、たくさんのお客さんに来てもらえて嬉しかったです。
CDのサイン会では、「音色が素晴らしくて驚きました!」と話して下さいました。
そして、演奏をする僕の手が、男性の手ではなく、しなやかで繊細で、女性より美しい手ですね、とおっしゃる方もいて…

僕は、2019年5月19日に、箱根噴火警戒レベルが2に上がった事をよく把握していなかったので、昨年は、すっかり箱根も活気づいていたので、安心していたのですが、ロープウェイもまた運休になり、大涌谷の県道734号(大涌谷-小涌谷線)の大涌谷三叉路から大涌谷園地駐車場までを通行止めとなっていて、驚きました。

それでも、今回は、ホテル グリーンプラザ箱根には、もちろん英語圏からもいらっしゃいましたが、ドイツ人が多く宿泊していました。
コンサートにも足を運んでくれて、とても満足して下さいました。

以前、警戒レベルが高く、日本人が敬遠している時期に、ホテルの支配人さんが、「宿泊客が少ないので、コンサートをお願いしても申し訳ない。」と気遣って下さいましたが、それでも音楽の好きな方たちは寄って来て下さいました。
逆にその翌年の方が、驚いたのは、宿泊客が日本人が警戒レベルを気にされて観光しないために、一時期中国人が入った事です。
丁度、クリスマス時期でしたので、「きよしこの夜」を最後に参加型にして、一緒に歌ってもらおうと思ったら、日本語を読めない人が多くて困ってしまったことがあります。

今回の様子をみても、ヨーロッパからもたくさんいらしているので、レ・クロッシュのコンサートのみで、参加型にはしない方がよいな、と感じました。

来週の長野公演は、主催者からの要望で、日本の歌を演奏して、2曲だけですが、お客様が一緒に歌って参加型になっています。
日本の高齢の方たちがたくさんいらっしゃるところは、この一緒に参加するコンサートをとても楽しんで下さるそうです。

ところで、姪のミュージカル「オズの魔法使い」は、6月15日と16日に本番がありました。
僕が親しんだ「オズの魔法使い」とは内容が大分違いましたが、結構華やかな二重唱や三重唱もあり、楽しかったです。
メインキャストは、劇団四季のメンバーたちで作り上げていましたので、声質がとてもよかったと思います。
姪の「リトルジャック(かかし)」も初めての男役を演じましたが、頑張っていました。
声量も出て、舞台慣れしてきたのかな、と思います。
僕がパリにいる時期の本番がどうしても多いので、中々観賞出来ませんが、今回は、観ることが出来てよかったです。

また少しこれから下り坂で雨が降りそうな気配です。
梅雨の時期は当たり前ですが、チェロ君の顔色を見ながら、よい響きが持続できるように、除湿には気配りをしていこうと思います。

では、皆さん、どうぞお元気で!


6月の公演が始まります!

ナオです。

雨がよく降りますが、お変わりありませんか?

今週金曜日は、箱根での公演ですので、今週は、ゆっくり練習に精を出しています。
一音一音良い音色を目指して頑張っています。

いつもレ・クロッシュの演奏を見守って下さって、本当に有難うございます。
先週も、東京文化会館での演奏で、声楽家の方が、毎年素晴らしい成長を遂げている、レ・クロッシュのお二人に、心からエールを送ります、とメールを下さいました。
音を追求しながら、コツコツ努力することは、ファンの皆さまに伝わっていると思うと、とても幸せな気持ちになります。

梅雨の時期になると、除湿器を欠かせないのですが、すぐ水が溜まってしまうという事は、急に湿度が高くなっているという事です。
これだけ一日中、雨が降れば当たり前ですね。

東京文化会館でのコンサートの時には、まだ梅雨入りをしていませんでしたから、水分を含んだ重い響きにはならなくてよかったです。

これからが、弦楽器奏者はしばらく辛い時期が続きます。

僕の部屋は、完璧に湿度をチェロ君のために下げているのですが、姉と合わせるときは、ピアノのあるリビングで合わせますから、家の中全体を除湿しなければなりません。
朝から準備をしておかないと、急には下がっていきませんから、姉と合わせる約束をしている日は、湿度計の数値がとても気になります。

パリの工房で、僕のチェロの状態をチェックしてもらった時に、ニスが少し剥げているので、直してもらいましたが、アトリエのマダムは、恐らく日仏往復していると、温度差や湿度差があってチェロの状態が落ち着かないからこのような状態になりやすいのでは…、と言われました。
ですから、なるべくよい状態に保ちたいと、毎年この時期になるとかなり苦労しています。

ところで、先日、下田公園に行き、アジサイを観て来ました。
10万坪の広大な敷地に、15万株300万輪という事ですが、日本一の規模だというだけあって、かなり大きいです。
静岡の下田港を一望できる小高い丘にある下田公園には、何度かアジサイの時期に足を運んだことがありますが、やはり何度観ても見事ですね。
今丁度アジサイ祭りの時期で、賑わっています。
不思議と、アジサイと雨は良く似合っていて、晴れ晴れした日に、下田公園のアジサイ散策をするよりも曇り空の雨模様の時が、最高です。
だから、アジサイは、梅雨時に咲いてくれるんだと思います。

アジサイの種類はとても多くて100種類以上という事ですが、本当に形や色がよくみると違うのです。
変った花びらも結構あるんです…

でも、専門家は、品種をしっかり当てられるのだと思いますが、僕は勉強不足でよく分かりません。
しかし、下田港の海の青さとアジサイのピンクや紫色とのコントラストは、普通の公園や道端で眺めるのとは違い、とても見事だと思います。

以前、名古屋公演の前日に、岡崎で宿泊しましたが、その時のアジサイ祭りもとても印象に残っています。

今月は、アジサイ観賞を楽しもうと思います。

では、6月は、箱根公演と長野公演がありますので、頑張ります。
皆さん、お元気で!


レ・クロッシュ リサイタル 東京公演終了!

マキ&ナオです。

皆さま、5月27日(月)は、大変お世話になりました。

お蔭様で、東京文化会館での公演は無事終了しました。
本当にいつも応援して下さいまして、ファンの方たちに心から感謝しています。

多くの方たちが、アンケートにもご協力下さいました。
レ・クロッシュの今後のコンサートに役立てたいと思います。

たくさんのお褒めの言葉を頂き、嬉しいような恥ずかしいような気持ちですが、今後も益々頑張りたいと思います。

アンケート用紙の中で、曲についての感想もたくさん頂きましたが、「二人の合いが素晴らしかった。」「息の合った二人の演奏に引き込まれました。」という内容がとても多かったです。
プログラムがどれも素晴らしかったです、という感想を頂いて、二人であれこれ頭をひねって考えた甲斐があったと思います。

プログラムの曲目すべてについて、一曲一曲ご丁寧なご感想を下さった熱心なファンもいらして、よくこれだけたくさんの事を書いて下さった、とただただ感心しました。

チェロソロ曲の「無伴奏チェロソナタ 第1番」が、6曲も中で一番大好きです、という方、ポッパーの「演奏会用ポロネーズ」の指さばきに圧倒されたファンも多くいらっしゃいました。チェロとピアノの掛け合いの集中力が凄かったです、という内容のご感想も頂きました。

グリーグの「チェロとピアノのためのソナタ」は、初めて耳にした方も多かったようですが、とても気に入りました、感動致しました、と満足して下さいました。

ピアノソロのラヴェルの「水の戯れ」の音色が美しく、高音部から低音部までよどみなく 流れるアルペジオの音の粒、本当に水の様々な様態が キラキラと美しく煌めき目に浮かぶようでしたと描写を楽しんで下さったファン、何と言っても、今日のプログラムの中で一番「水の戯れ」が大好きです!とのご意見もありました。

ピアソラの「アディオス・ノニーノ」は、生まれてはじめて聴く曲ですが、とても楽しく聴かせてもらいました。ジャズ要素あり、また濃厚なクラシック部分ありの大曲を、叙情的なメロディも十分響いて素晴らしい集中力で演奏されて聴きごたえがありました、と記載して下さった方もいらっしゃいます。

馴染みのある曲は、確かに聴きやすいですが、新しい曲を知ることも楽しい事だと思います。

アンコールのフォーレ「ロマンス」、バッハ「G線上のアリア」が最後を飾って、心にジーンと響いてきました、とアンコール曲の事まで書いて下さったかたもいらっしゃいます。

また、音楽情報誌のレ・クロッシュ リサイタルのリサイタル案内を知って、静岡県清水市から聴きにいらして下さった方からのアンケート用紙に、これだけたくさんのプログラムを演奏して下さるのでしたら、午後6時半から開始して欲しいです、とのご意見もありました。
確かに、ファンクラブの中にも静岡県から毎年いらして下さる方もいらっしゃいますが、遠い方は、終演後に帰宅するのに、いつもお急ぎにならないといけないそうですが、その点から考えても、来年は、5月3日(日)午後2時より開始予定ですから、ご迷惑をお掛けせずに済みそうです。

アンケートにお応えして下さいましたご意見のごく一部しか掲載出来ませんでしたが、皆さんの温かい優しさが伝わってきました。

これからも、皆さまに感動を与えられるような演奏を心がけたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

では、これから暑くなりますので、お体を大切になさって下さいね!


5月27日はよろしくお願い致します!

皆さん、こんにちは!
マキ&ナオです!

夏のような暑さですが、お元気でいらっしゃいますか?

今日は、二人でデュオの合わせを中心にしようと思います。
今は、少し休憩にして、ブログを書くことにしました。

5月27日の東京文化会館で、ファンの皆様にお会い出来ることを楽しみにしています。

マキの誕生日がコンサートの日というのは、以前も地方公演で何度かありましたが、東京公演では初めてとなります。

昨日、父の従姉から連絡があり、父方の亡き祖母の実姉(102歳)が今年もリサイタルに行きたい、という事で、先日までは疲れやすくなっているので無理でしょう、と断念していたところ、頑張って来て下さる事になったとのこと、とても嬉しい事です。

耳がまだしっかりしているそうで、素晴らしいですね。
もちろん、当日の体調をみてからではありますが、是非聴いて欲しいです。
2002年のルーテル市ヶ谷ホールから欠かさず聴きにきてくれていますので、春公演だけでも、18回も聴いてくれたことになります。

車椅子での移動ですので、お客様たちにご迷惑を掛けることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。

母方の祖母(98歳)は、大分耳が遠くなってしまったので、演奏を聴くことが出来ませんので諦めていますが、音楽にとっては、耳は特に大切なところだと思います。

最近は、レ・クロッシュのCDも相当音量を大きくしても、聴きづらくなってしまったそうです。

可哀そうです。
ところで、「ぶらあぼ」5月号の注目コンサートを開けて下さって有難うございます。
何人もの方が「いいね」を押して下さっていて嬉しかったです。

https://ebravo.jp/archives/53706

有難うございます。
応えられるよう頑張ります。

マキ&ナオは、コンサート当日まで、体調管理はしっかりしないといけないと思います。

それで、栄養満点の食事を心がけています。
当日、レ・クロッシュは楽しく演奏し、お客様たちは、楽しく聴いて欲しいと思います。

かなり音が多い曲を選びましたが、聴きごたえのする曲が多いと思います。

では、5月27日も今日のように暑さが厳しいそうですから、お気を付けていらして下さい。

また、練習を続けます。


いよいよ5月になりました!

ナオです!

「令和」になって、初めてのブログです。
良い時代であることを願っています!

ゴールデンウィークの10連休を如何お過ごしでしたか。
マキ&ナオも充実した毎日を過ごすことが出来ました。

前半は、曇り空が多かったですが、4月28日(日)の新宿コズミックでのコンサートに、たくさんのお客様がお越し下さったので、とても嬉しかったです。
ゴールデンウィーク中は、ご旅行や外出の方も多く、お客様の入りの事が少し心配でしたが、逆に長い休みになったせいか、満席というよりも、立ち見の方も多く、有難かったです。

次は、5月18日(土)が本番となりますので、丁寧な練習に力を入れたいと思います。

ゴールデンウィーク中は、家族での予定も多かったので、姉とゆっくり練習をすることが出来ませんでしたので、今日久しぶりに、グリーグのチェロとピアノのためのソナタを全楽章合わせました。
全楽章で30分の曲ですから、結構体力も使います。

今週から、また力を合わせて頑張ります。

5月27日 東京文化会館 小ホール 「レ・クロッシュ リサイタル」は、平日の月曜日ですので、当日にならなければ仕事の関係で分かりません、とおっしゃる方も多くいらっしゃいますが、もし間に合うようでしたら、当日券もございますので、是非お越し下さい。

多くの方たちに、レ・クロッシュの音色を聴いてもらいたいと思います。
では、今春もファンの皆様にお目に掛かれますのを楽しみにしています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

五月晴れの日も多いと思いますので、楽しんで下さい。


4月の公演終了!

マキ&ナオです!

ファンの皆さま、お変わりありませんか?

明日で、平成時代は終わりです。
「令和」が素晴らしい時代になって欲しいです。

4月に開催されました、レ・クロッシュ リサイタルの5公演が無事終わりました。

たくさんのお客様に聴いて頂けて嬉しかったです。
また、引き続き、5月の公演もよろしくお願い致します。

今回は、かなり激しい曲が多いですので、それだけ体力の消耗もありますが、二人で心から楽しんで弾けたので、満足しています。

これから、5月に向けて反省点をよりよくして、東京文化会館では披露したいと思います。

昨日終って、今日はゆっくりしようと思ったのですが、10日間に5公演というのは、やはりかなり緊張はしましたが、達成感があり、結局、姉と姪と一緒に、「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」映画を観に行きました。

4月の公演で色々反省点や注意点を見つけましたので、少し体をリラックスさせてから、また頑張ろうと思います。

東京文化会館 小ホールでのリサイタルは、5月27日(月)となります。
偶然なのですが、27日は、マキの誕生日なのです。

素晴らしい誕生日になるように、念入りに練習を重ねたいと思います。

では、皆さん、ゴールデンウィークを有意義に楽しくお過ごし下さい!


<< | 2/77PAGES | >>

現在パリは、

(UTC/協定世界時 +1)

Europa Artist Staff Blog

Europa Artist Concert Tickets Shop

北里楽器 - 未来のあるある子供たちに音楽のある生活を!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


mobile

qrcode

links

recommend

歌の翼に~そよ風にのって~
歌の翼に~そよ風にのって~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,宇宿直彰(vc),宇宿真紀子(p)

recommend

シューマンの宝石箱
シューマンの宝石箱 (JUGEMレビュー »)
宇宿真紀子,シューマン

recommend

アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~
アヴェ・マリア~愛と喜びのメロディー~ (JUGEMレビュー »)
レ・クロッシュ,ドビュッシー,カッチーニ,グノー,バッハ,リスト,クライスラー,ラフマニノフ,マスネ,ラヴェル,チャイコフスキー

profile

selected entries

recent comment

archives


ページトップへ戻る